余呉湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
余呉湖
余呉湖
賤ヶ岳山頂から望む
所在地 日本の旗 日本
滋賀県長浜市余呉町川並
位置 北緯35度31分20秒 東経136度11分38秒 / 北緯35.52222度 東経136.19389度 / 35.52222; 136.19389座標: 北緯35度31分20秒 東経136度11分38秒 / 北緯35.52222度 東経136.19389度 / 35.52222; 136.19389
面積 1.97 km2
周囲長 6.4 km
最大水深 13.5 m
平均水深 7.4 m
貯水量 0.0147 km3
水面の標高 133 (132.8) m
成因 断層湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 富栄養湖
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示
余呉湖付近の空中写真。1975年撮影の4枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

余呉湖(よごこ〈よごのうみ[1]〉)は、滋賀県長浜市にある。「大江」(琵琶湖)に対して「伊香小江(いかごのおえ)[1]」と称されたほか、湖面が穏やかなことから「鏡湖」とも呼ばれる[2][3]

概要[編集]

琵琶湖の北側に位置し、琵琶湖とは賤ヶ岳(標高422m)で隔てられている[1][2]。東西1.2キロメートル (0.9km[1])、南北2.3キロメートル (1.8km[1])[4]、周囲6.4キロメートル(6.2km[5])、面積1.97平方キロメートル、最大水深13.5メートル(14.5m[4]、13.0m[5])、平均水深7.4メートル[3][6]。総貯水量14,700,000立方メートル[5]。水面の標高は133メートル (132.8m) で、琵琶湖よりおよそ50メートル(約47.0m[5])高い位置にある[3][6]。琵琶湖と同じ断層湖で、形成は約100-200万年前と見られ、古い琵琶湖の一部であったものが約3万年前に分かれたとされる[6]

余呉湖にはイワトコナマズ(余呉湖・琵琶湖にのみ生息)、ワカサギフナコイウナギナマズなどの魚類が生息する[2][7]。冬季はワカサギ釣りが行われるほか、多くの水鳥も飛来する[2][7]。近年は外来魚の生態系への影響が問題になっている。オオクチバスおよびブルーギルの捕獲駆除量は年間2トン前後となり、今後の駆除方法が模索されている[8]

治水・開発[編集]

  • 安土桃山時代1573-1603年) : もともとは閉鎖湖であったが、湖の氾濫防止のための排水路として、北東部に江土川(現在の高田川)が掘削される[9]
  • 1956年昭和31年)-1959年(昭和34年) : 余呉川総合開発事業の一環として、周辺地域の洪水対策と用水確保のため、湖の北東を流れる余呉川から余呉湖までの導水路を開削、並びに湖東岸から余呉川への放水路トンネルが掘削される[9][10][11]
  • 1964年(昭和39年)-1969年(昭和44年) : 湖北地方への水供給安定化のため、琵琶湖からの揚水トンネルが造られる[9][11]
  • 1971年(昭和46年)- : 滋賀県の余呉湖総合開発事業により、湖周辺に国民宿舎、野外活動センター、湖岸緑地、遊歩道などが造られる[9][11]

浄化[編集]

  • 1975年(昭和50年)- : 赤潮が発生するようになったため[12]富栄養化対策が行われている[7]
  • 1988年(昭和63年)- : 周辺集落の農業集落排水処理施設を整備し、以前は各戸から個別に排出されていた生活排水を、処理場に集めて一括浄化して放水するようになる[13]
  • 1993年(平成5年)- : 余呉湖水質保全対策事業により、湖内に間欠式空気揚水筒を設置(1993年〈平成5年〉に2基稼働、1996年〈平成8年〉に3基稼働)[13]。低層水を持ち上げて循環させ、低層水の無酸素状態を解消し、植物プランクトンの異常増殖を抑制する[13]
  • 2002年(平成14年) - : 深層曝気装置を設置[13]。湖底近くにコンプレッサーで送気し、湖水の上昇・下降や横への広がりにより、深層水の酸素を増やし、アオコの増殖を防ぐ[13]

伝説[編集]

JR余呉駅に近い湖北岸には、羽衣伝説で天女が羽衣を掛けたといわれる「天女の衣掛柳」があった[3][14]2017年平成29年〉10月、台風により倒壊)。日本最古の天女伝説の地といわれ[15]、ほかの地域の羽衣伝説では、羽衣を掛けるのはや岩などが多いが、余呉ではといわれている[3]。なお、2017年(平成29年)に倒壊した柳(マルバヤナギ[14])は[16]、伝説にまつわる北野神社から移植された2代目であった[7]

湖に入水した菊石姫の龍伝説もあり、菊石の投げた龍の目玉の跡がついたという「目玉石」があるほか[17]、付近には蛇身の菊石姫が休んだといわれる「蛇の枕石」も知られる[18]

余呉の詩歌[編集]

衣手に余呉の浦風さえさえて己高山(こだかみやま)に雪降りにけり源頼綱 「近江百人一首」『金葉和歌集』)[1][19]

交通アクセス[編集]

余呉湖の風景[編集]

Yogonoumi 1.JPG
Yogonoumi 2.JPG
Mount Yokoyama and Yogo Lake form Mount Shizu 2009-02-08.jpg
北から望む余呉湖 南から望む余呉湖 賎ヶ岳から望む余呉湖と横山岳

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『コンサイス日本地名事典』三省堂編集所、三省堂、2007年、第5版、1287頁。ISBN 978-4-385-16051-1
  2. ^ a b c d e f 余呉湖”. 滋賀県観光情報. びわこビジターズビューロー (2017年6月1日). 2019年4月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e 水資源機構広報課(監修)「わが町紹介35 水と緑とロマンのふる里 〜余呉町(滋賀県)〜」『水とともに』第35号、水資源協会、2006年8月、 20-25頁。
  4. ^ a b 用田政晴『湖と山をめぐる考古学』サンライズ出版、2009年、61-80頁。ISBN 978-4-88325-399-9
  5. ^ a b c d 「余呉湖の役目」余呉川管理事務所(湖北地域振興局 木之本建設管理部)
  6. ^ a b c 「高時川の概要」、『高時川・余呉湖』 (2014)、2頁
  7. ^ a b c d 「余呉湖とその周辺」、『高時川・余呉湖』 (2014)、12-14頁
  8. ^ 余呉湖漁業協同組合・キタイ設計・ラーゴ・琵琶湖博物館編 『余呉湖における水産資源保護の取り組み - オオクチバス・ブルーギル駆除対策・実験』。 
  9. ^ a b c d 遊磨正秀、嘉田由紀子、中山節子、橋本文華、藤岡和佳、村上宣雄、桐畑長雄、桐畑正弘、桐畑貢、桐畑みか乃、桐畑静香、桐畑博夫「身近な水辺環境における「人-水辺-生物」間の総合作用 - 滋賀県余呉湖周辺の事例から」『環境技術』第27巻第4号、環境技術研究協会、1998年4月、 289-295頁。
  10. ^ 「ダムのおいたち」『余呉湖ダム』滋賀県余呉川管理事務所、1995年、2頁。
  11. ^ a b c 「余呉湖の開発と保全」『余呉湖の自然観察』滋賀県自然保護課、1984年、19-20頁。
  12. ^ 佐野嘉行、菊地憲次、里内勝、井上省子「余呉湖の水質汚濁に関する研究(第1報) 余呉湖の水質汚濁について」『滋賀県立短期大学学術雑誌』第20号、滋賀県立短期大学、1979年3月、 8-11頁。
  13. ^ a b c d e 野崎正寿「琵琶湖北端の町・余呉町の取り組み」『月刊浄化槽』第353号、日本環境整備教育センター、2005年9月、 13-15頁。
  14. ^ a b 渡辺典博『巨樹・巨木』山と溪谷社〈ヤマケイ情報箱〉、1999年、264頁。
  15. ^ “台風で「羽衣伝説の衣掛け柳」大木倒壊 滋賀・長浜の余呉湖畔”. 産経 WEST. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2017年10月24日). https://www.sankei.com/west/news/171024/wst1710240029-n1.html 2019年4月14日閲覧。 
  16. ^ 新近江名所圖會 第271回 羽衣伝説の残る神秘の湖・余呉湖~北近江の密やかな愉しみ~”. 滋賀県文化財保護協会 (2018年3月7日). 2019年4月28日閲覧。
  17. ^ 新名所圖会 第292回「余呉湖に眠るもうひとつの伝説」”. 滋賀県文化財保護協会 (2019年4月24日). 2019年4月28日閲覧。
  18. ^ 菊石姫伝説 菊石姫の物語”. 余呉観光情報. 奥びわ湖観光協会 (2019年). 2019年4月18日閲覧。
  19. ^ レファレンス事例詳細(Detail of reference example)”. レファレンス協同データベース. 国立国会図書館 (2012年7月20日). 2019年4月18日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]