野鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野鳥(やちょう)とは、家禽ペットなどの人に飼われるものを除いたの総称。

野生の鳥」の意味で、野山に棲む鳥はもちろん、水鳥海鳥も含まれる。

Wild Birdに対応する語として、中西悟堂が「野鳥」の言葉を造語した。

日本鳥学会の鳥類目録では「自然分布種」と「外来種」を分けて掲載している。一方、中西悟堂が創立した日本野鳥の会の「フィールドガイド日本の野鳥」では「野生状態で記録された鳥」を掲載しているが掲載対象は「自然分布種」であり、外来種などの「野生化した飼鳥」(ドバトなど)は、それとは別に扱っている。このように「野鳥」の定義は定まっていない。つまり野山で観察されても、それは(狭義の)「野鳥」(つまり在来種)とは限らない。

関連項目[編集]

地域別野鳥一覧[編集]

8つの生物地理区 (Ecozone) および、区内の地域の野鳥一覧。

他の鳥類関連項目[編集]