伊香郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
滋賀県伊香郡の位置(黄:明治期 水色:後に他郡から編入した区域)

伊香郡(いかぐん)は、滋賀県近江国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、長浜市の一部(高月町各町・木之本町各町・余呉町各町)にあたる。

該当区域の面積は284.33k㎡、21,065人(平成22年国勢調査)(1)

歴史[編集]

近世までは「いかごぐん」とも呼ばれた。郡名の由来として、『近江国風土記』逸文に「伊香小江」の記述があり、余呉湖を指すと見られる。この項は羽衣伝説の内容で、羽衣を盗んだ人物の名もまた「伊香刀美」となっている。

近世以降の沿革[編集]

町村制以降の沿革[編集]

1.杉野村 2.高時村 3.北富永村 4.南富永村 5.古保利村 6.七郷村 7.木之本村 8.伊香具村 9.余呉村 10.丹生村 11.片岡村 21.塩津村 22.永原村(赤:長浜市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。全域が現・長浜市。(11村)
    • 杉野村 ← 杉野村、杉本村、音羽村、金居原村
    • 高時村 ← 古橋村、河合村、石道村、小山村、高野村、大見村
    • 北富永村 ← 保延寺村、持寺村、尾山村、洞戸村、馬上村、井口村、雨森村
    • 南富永村 ← 柏原村、渡岸寺村、森本村、落川村、高月村、宇根村、東阿閉村
    • 古保利村 ← 西野村、片山村、重則村、熊野村、松尾村、東柳野村、柳野中村、西柳野村、西阿閉村
    • 七郷村 ← 磯野村、西物部村、東物部村、横山村、東高田村、布施村、唐川村
    • 木之本村 ← 木之本村、広瀬村、田部村、千田村、黒田村
    • 伊香具村 ← 赤尾村、北布施村、田居村、山梨子村、飯浦村、西山村、大音村
    • 余呉村 ← 坂口村、下余呉村、中之郷村、川並村、八戸村
    • 丹生村 ← 下丹生村、上丹生村、摺見村、菅並村、小原村、田戸村、奥川並村、鷲見村、尾羽梨村、針川村
    • 片岡村 ← 中河内村、椿坂村、柳ヶ瀬村、東野村、今市村、国安村、文室村、池原村、小谷村
  • 明治30年(1897年)4月1日 - 郡制の施行のため、伊香郡・西浅井郡の区域をもって、改めて伊香郡が発足。塩津村永原村が本郡の所属となる。郡役所が木之本村に設置。(13村)
  • 明治31年(1898年)4月1日 - 郡制を施行。
  • 大正7年(1918年2月1日 - 木之本村が町制施行して木之本町となる。(1町12村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和15年(1940年9月1日 - 北富永村の一部(馬上)が南富永村に編入。
  • 昭和18年(1943年6月1日 - 木之本町・伊香具村が合併し、改めて木之本町が発足。(1町11村)
  • 昭和23年(1948年5月10日 - 木之本町の一部(赤尾・北布施・田居・山梨子・飯浦・西山・大音)が分立して伊香具村が発足。(1町12村)
  • 昭和29年(1954年
    • 12月1日(2町6村)
      • 北富永村・南富永村・古保利村が合併して高月町が発足。
      • 杉野村・高時村・木之本町・伊香具村が合併し、改めて木之本町が発足。
    • 12月15日 - 余呉村・丹生村・片岡村が合併し、改めて余呉村が発足。(2町4村)
  • 昭和30年(1955年
    • 3月31日 - 七郷村が高月町に編入。(2町3村)
    • 4月1日 - 塩津村・永原村が合併して西浅井村が発足。(2町2村)
  • 昭和31年(1956年)4月1日 - 木之本町の一部(高野)が高月町に編入。
  • 昭和46年(1971年)4月1日(4町)
    • 余呉村が町制施行して余呉町となる。
    • 西浅井村が町制施行して西浅井町となる。
  • 平成22年(2010年1月1日 - 高月町・木之本町・余呉町・西浅井町が長浜市に編入。同日伊香郡消滅。

変遷表[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]