風蓮湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
風蓮湖

風蓮湖
走古丹先端より見た風連湖

風蓮湖の位置(北海道内)
風蓮湖
風蓮湖
風蓮湖の位置(北海道)
所在地 日本の旗 日本
北海道根室振興局
位置
面積 59.01[1] km2
周囲長 96 km
最大水深 11.0 m
平均水深 1.0 m
貯水量 - km3
水面の標高 0 m
成因 海跡湖
淡水・汽水 汽水
湖沼型 貧栄養湖
透明度 4.0 m
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示
ランドサットによる画像

風蓮湖(ふうれんこ)は、北海道根室市野付郡別海町にまたがるである。野付風蓮道立自然公園に含まれる。ラムサール条約登録湿地

地理[編集]

北海道東部・根室半島の付け根に位置する。面積59.01km2[1]は、日本の湖沼では13番目の面積規模を有する[2]汽水湖としてはサロマ湖に次いで北海道第2位であるが、周囲96km汽水湖としては全道1位である。根室湾に直接面しており、湖面の標高は0m。西岸と南岸は標高 30〜40mの台地、北東岸は砂州からなる[3]。東隣には温根沼がある。

主な流入河川は風蓮川別当賀川ヤウシュベツ川

湖名の由来は、アイヌ語の「フーレ・ペツ」(赤い川)。これは本来、流入河川の風蓮川を指した地名であり、川に湿原由来の赤く染まった水が流れ込んでいたことにちなむ。湖の方はただ「トー」(沼)と呼ばれていた。

湖の東岸、春国岱には根室市が設置した根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターがあり、日本野鳥の会のレンジャーが常駐する他、周辺の自然に関する展示(常設)などがある。

生物[編集]

砂州である春国岱(しゅんくにたい)はアイヌ語の「シュンク・ニタイ」(エゾマツ林)が由来の地名そのままに、砂丘に自生する日本唯一のアカエゾマツ林で覆われている。さらに日本国内で最大級のハマナスの群落がある。

水中生物としては、食用となるオオノガイが生息する。資源枯渇を防ぐため、干潟での漁は1年に2日間のみ行われる[4]

周囲には湿地帯が広がっているために、食糧を得られること、陸上を徘徊する捕食者にも襲われにくいこと、隠れ場所となる植生が存在することなどから、タンチョウの営巣地や水鳥の飛来地になっている。

越冬するハクチョウの飛来地としても有名[5]渡り鳥が多数訪れることで知られる。エゾシカの越冬地としても知られ、結氷した湖面や砂州に集まる姿が見られる。

湖とそれに伴う湿原の重要性から、日本国政府は1993年に国指定風蓮湖鳥獣保護区(集団飛来地)に指定した(面積7,806ha、うち特別保護地区6,139ha)。その後、春国岱とともに「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」(ラムサール条約)が指定する湿地の候補として選定した。2005年10月21日には国内での登録を終え、2005年11月8日第9回会議で正式に決定された。

別海十景や根室十景にも指定されている。

交通[編集]

湖の北・西岸には別海町標津郡標津町、根室市に通じる国道243号国道244号が走る。東岸には北海道道475号風蓮湖公園線が走り、国道244号交点から入る。南岸には根室市、厚岸郡浜中町に通じる国道44号が走る。

湖畔東南に道の駅スワン44ねむろがある。

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ a b 国土地理院 (2015年3月6日). “平成26年全国都道府県市区町村別面積調 湖沼面積 (PDF)”. 2015年3月7日閲覧。
  2. ^ 国土地理院 (2015年3月6日). “平成26年全国都道府県市区町村別面積調 湖沼面積20傑 (PDF)”. 2015年3月7日閲覧。
  3. ^ 風蓮湖 ふうれんこコトバンク
  4. ^ 「縄文の伝統継ぐオオノガイ漁 資源管理徹底 年に2日だけ風連湖」『朝日新聞』朝刊2020年7月7日(北海道面)
  5. ^ “冷え込み一層 ハクチョウ一休み 風蓮湖周辺”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年10月23日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/570232.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]