原市沼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
原市沼(2010年7月)

原市沼(はらいちぬま)は、埼玉県上尾市原市北足立郡伊奈町小室の境界にある湖沼

概要[編集]

伊奈氏屋敷跡に近く、北端を東北上越新幹線が通っている。湿地を形成し、野鳥湿生植物に恵まれている。流入・流出河川は原市沼川のみである。戦前まではの花が咲き続けていたが、戦後の食糧難で姿を消してしまった[1]。近年、行田市より古代蓮の種子を譲りうけ、「原市沼を愛する会」の人々の努力により、蓮の花の再生に成功した[2]。蓮の花の見ごろは7月中旬〜8月中旬の朝方である。

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『写真アルバム 上尾・桶川・北本・鴻巣・伊奈の昭和』 いき出版、2017年10月19日、55頁。ISBN 978-4-86672-004-3
  2. ^ a b 原市沼と古代蓮 神崎秀春さん(原市地区) まちかど特派員だより”. 上尾市役所 (2014年3月3日). 2018年9月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度58分29.1秒 東経139度37分30.7秒