パンケトー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パンケトー
Leke Panketo.JPG
雄阿寒岳より俯瞰したパンケトー
所在地 北海道釧路総合振興局
位置 北緯43度29分0秒 東経144度10分40秒 / 北緯43.48333度 東経144.17778度 / 43.48333; 144.17778座標: 北緯43度29分0秒 東経144度10分40秒 / 北緯43.48333度 東経144.17778度 / 43.48333; 144.17778
面積 2.86[1] km2
周囲長 12.4 km
最大水深 54.0 m
平均水深 23.9 m
貯水量 0.067 km3
水面の標高 450 m
成因 堰止湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 -
透明度 - m
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示
双湖台より見たパンケトー(左上)とペンケトー(右下)

パンケトー北海道東部、釧路市にある淡水湖である。パンケトーの湖水は阿寒湖に注いだ後、最終的には阿寒川に流出する。 以前は交通困難地に指定されていたが、現在は交通困難地から外されている。しかし、現在も陸路で湖に接近するのは困難であり、熊が出没し危険である。

地理[編集]

雄阿寒岳の北東麓に広がる。

  • 流入河川 :上イベシベツ川、中ノ沢川、三の沢
  • 流出河川 :イベシベツ川を通じて阿寒湖へ流出する。

歴史[編集]

  • 成因は土砂の堆積による堰止湖。かつては現在の阿寒湖ペンケトーと一体で古阿寒湖を形成していたが、土砂の堰き止めにより3つの湖に別れたと考えられている。
  • 湖の名前の由来はアイヌ語のパンケ・トー(=下の・湖)に由来。パンケトーに対し上流のペンケトーはアイヌ語のペンケ・トー(=上の・湖)に由来する。

自然[編集]

  • 湖への接近が困難で人があまり立ち入らず、湖の周辺は原生林のままになっている。
  • 湖の周辺は阿寒摩周国立公園の特別保護地区に指定され、開発は厳しく制限されている。
  • ヒグマの生息地である。

湖岸への到達手段[編集]

前田一歩園財団が管理している阿寒湖の西岸の林道が唯一の湖岸到達手段である。漁協による湖の利用や学術調査等の目的を除いて、林道への車輌の乗り入れは禁止されている。パンケトーの湖岸はこの林道沿いにある。 但し、ヒグマに襲撃される危険がある。

利用[編集]

地元の漁協がヒメマスの放流を行い、漁獲を得ている。
湖岸への到達自体が困難であるため、基本的に利用されていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国土地理院 (2015年3月6日). “平成26年全国都道府県市区町村別面積調 湖沼面積 (PDF)”. 2015年3月8日閲覧。

関連項目[編集]