尾瀬沼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
尾瀬沼付近の空中写真。(1976年撮影)国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
尾瀬沼(2014年6月)

尾瀬沼(おぜぬま)は、群馬県利根郡片品村福島県南会津郡檜枝岐村にまたがって位置する尾瀬地域にある。面積は1.81km2[1]只見川の一方の最上流に位置するため、標高は1660Mと高く、日本では、これより高く尾瀬沼より大きい湖沼・池は無い。

尾瀬国立公園の要所の一つであり、尾瀬ヶ原に比べると240M程標高が高い。南側からの入口である三平峠が、只見川阿賀野川)水系と片品川利根川)水系の分水嶺となる。東岸には、環境省によりビジターセンターが設置されている。

アクセス[編集]

尾瀬沼の遊歩道はちょうど国道401号の未開通・未指定区間にあたり、アクセスルートも国道401号に沿う。

周辺の観光地[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国土地理院 (2015年3月6日). “平成26年全国都道府県市区町村別面積調 湖沼面積 (PDF)”. 2015年3月15日閲覧。

外部リンク[編集]

  • 尾瀬沼 - 尾瀬檜枝岐温泉観光協会

座標: 北緯36度55分33.3秒 東経139度18分16.2秒 / 北緯36.925917度 東経139.304500度 / 36.925917; 139.304500