薩摩湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Kanji for another OS version - satu.svgと異なる可能性があります。
薩摩湖
薩摩湖
所在地 鹿児島県日置市
面積 0.10 km2
周囲長 1.8 km
最大水深 11.0 m
貯水量 0.00062 km3
水面の標高 25 m
成因 砂丘湖
淡水・汽水 淡水
透明度 3.8 m
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

薩摩湖(さつまこ)は、鹿児島県日置市吹上町中原にある湖沼である。古くは中原池と呼ばれていた。東シナ海から吹上浜を隔てて約1.5キロメートル内陸にある。吹上浜の砂丘により海が区切られて取り残された、砂丘湖あるいは海跡湖である。

湖の色は黄色に近いウーレ水色標準14番を呈し、pHは7.8である。湖岸付近にはハスガガブタなどの浮葉性植物が繁茂し、絶滅危惧IB類に指定されているミズスギナも見られる。コイギンブナゲンゴロウブナなどに加え、ブラックバスブルーギルも生息する[1]

南東に枦ヶ峰城跡の丘があり、ツツジバラツバキなどが見られ、市民の憩いの場となっている。西側には吹上浜運動公園があり、薩摩湖の北方約1キロメートルには正円池と亀原池が並ぶ。

歴史[編集]

江戸時代には真珠を産出していたという記録がある[2]1954年(昭和29年)には中原池から薩摩湖に改名され、鹿児島交通が周辺をさつま湖公園として整備した。1955年(昭和30年)から1984年(昭和59年)までの間は西側湖畔に薩摩湖駅があり、昭和30年代には湖面をまたぐロープウェイ[3]が運行されており、遊覧船も運航されていた。1962年(昭和37年)からはさつま湖花火大会が開催されるなど賑わいを見せていたが、昭和40年代に衰退した。さつま湖公園は2001年(平成13年)から吹上町の管理となり、2007年(平成19年)に閉鎖された[4]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本湖沼誌2』
  2. ^ 橋口兼古、五代秀堯、橋口兼柄 『三国名勝図会 巻之29』 1843年
  3. ^ さつま湖ロープウェイは1956年(昭和31年)4月に開業し、1969年(昭和44年)5月に廃止された。斜長539m、高低差21m。兵頭二十八『日本のロープウェイと湖沼遊覧船』教育システム、2000年、47頁
  4. ^ 『吹上郷土誌 通史編3』 pp.139

参考文献[編集]

  • 田中正明 『日本湖沼誌2』 名古屋大学出版会、2004年、ISBN 4-8158-0492-3
  • 吹上郷土誌編纂委員会編 『吹上郷土誌 通史編3』 吹上町、2003年

座標: 北緯31度30分50秒 東経130度20分28秒 / 北緯31.513947度 東経130.34111度 / 31.513947; 130.34111