タウポ湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タウポ湖
タウポ湖
所在地 ニュージーランド北島
面積 616 km2
周囲長 193 km
最大水深 186 m
淡水・汽水 淡水湖
湖沼型 カルデラ湖
テンプレートを表示
岩面彫刻1979年作成)

座標: 南緯38度49分 東経175度55分 / 南緯38.817度 東経175.917度 / -38.817; 175.917 タウポ湖Lake Taupo)は、ニュージーランド北島タウポに位置する、ニュージーランド最大の表面積(616km²)を持つ

西暦181年の巨大噴火VEI7、噴煙高度50km)によってできたカルデラ湖。付近では現在も火山活動が活発で、温泉地熱発電所がある。

26,500年前には、VEI8の巨大噴火(Oruanui eruption、噴出量は1170立方km、過去7万年で最大規模)を起こしている。

ワイカト川が流れ出ている。

などが生息。

タウポ湖畔マイン・ベイの南端の断崖には、マオリの彫刻がある。

文献[編集]

外部リンク[編集]