タウポ火山帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホワイト島

タウポ火山帯(タウポかざんたい、: Taupo Volcanic Zone)はニュージーランド北島タウポ湖周辺に位置する火山帯である。

約240,000年前にできたと考えられ、1886年タラウェラ山 (Mount Tarawera噴火で150名の死者が出た。また、最も著名なのがトンガリロ山ルアペフ山ナウルホエ山から成るトンガリロ国立公園であり、度々噴火を起こし、被害をもたらしている。噴火の際にはタウポ湖一帯に噴煙が広がる。

約2万5000年前にタウポ湖で発生した超巨大噴火は、1兆トン以上の噴出物を大気中にまき散らした、確認されている火山活動で最大規模のものであった[1]

範囲[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]