ワイカト川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワイカト川
Waikato river 750px.jpg
ハミルトンを流れるワイカト川
Waikato.png
延長 425 km
水源  ニュージーランドルアペフ山
河口・合流先 タスマン海ポート・ワイカト英語版
流路  ニュージーランドワイカト地方
テンプレートを表示

ワイカト川(ワイカトがわ、英語: Waikato River)とは、ニュージーランド北島を流れるである。全長は425 kmであり、ニュージーランド最長の川である。北島中央部に位置するトンガリロ国立公園内にあるルアペフ山に発し、タウポ湖ハミルトンの町を経由して、オークランドの南方でタスマン海へと流れる。川の上流・中流やタウポ湖にはマレタイ発電所など8つの水力発電所があり、2つの地熱発電所と合わせて北島最大の発電地帯を形成している。下流は多くの湖沼が存在する湿地帯であるが、土地改良が行われた結果、酪農が盛んに行われるようになった[1][2]

川の名称はマオリ語に由来しており[2]、「流れる水」を意味する[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ワイカト川(ワイカトがわ)とは”. コトバンク. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典、日本大百科全書. 2020年8月19日閲覧。
  2. ^ a b ワイカト[川]とは”. コトバンク. 世界大百科事典 第2版. 2020年8月19日閲覧。
  3. ^ WAIKATO RIVER” (英語). Te Ara. 1966 Encyclopaedia of New Zealand. 2020年8月19日閲覧。