ルアペフ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルアペフ山
ルアペフ山
標高 2,797[1] m
所在地 ニュージーランドの旗 ニュージーランド 北島
位置 南緯39度17分 東経175度34分座標: 南緯39度17分 東経175度34分[1]
山系 タウポ火山帯
種類 成層火山活火山
最新噴火 2007年[1]
初登頂 1879年
ルアペフ山の位置
ルアペフ山
ルアペフ山の位置(ニュージーランド
ルアペフ山の位置
ルアペフ山
ルアペフ山の位置(オセアニア
テンプレートを表示

ルアペフ山(ルアペフさん、マオリ語: Ruapehu)は、ニュージーランド北島トンガリロ国立公園内にある火山である。タウポ湖南岸から約40km南西にある。3つの峰があり、その一つのタフランギ峰(2,797m)が北島の最高峰である。

ルアペフとは、マオリ族の言葉で「音のする穴」「爆発する穴」などの意味がある。

災害[編集]

ルアペフ山は、1861年以降1997年までに11回噴火している。

最も大きな被害を出した災害は、1953年のものである。1945年の噴火によって火口湖が崩壊し、その跡が火砕物によって堰止められた。ここに貯まった水が再び火口湖を形成し、噴火から8年後の1953年12月24日、この火口湖が決壊した。土石流ラハール)がファンガエフ川英語版を流れ下り、タンギワイの鉄道橋を損傷。警告が間に合わず、通りかかった列車とともに崩落した。乗員乗客 285名中151名が死亡(未発見遺体・約20)。

現在、火口湖は ERLAWS (Eastern Ruapehu Lahar Alarm and Warning System) によって監視されている。

昨今では、2006年10月に火山活動。2007年3月18日にラハールが発生。2007年9月25日の噴火により3人が負傷している。

脚注[編集]

関連項目[編集]

衛星写真(2002年)
ラハールの痕跡(2008年1月・タンギワイ付近)