最高峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

最高峰(さいこうほう)とは、ある大陸や地方、などで一番高いに対する呼称である。例えば世界の最高峰はエベレスト山(8848m)、日本の最高峰は富士山剣ヶ峰(3776m)である。七大陸最高峰各都道府県の最高峰など、テーマを決めて最高峰の完登に挑戦する登山者も少なくない。

転じて、ある一群の中で最高のものの意にも使用される。

最高峰が明確に決定できない場合[編集]

以下のような理由から、対象とする地域の最高峰が明確に決定できず、複数の説が存在したり議論の元となる場合がある[1]

  1. 最高峰周辺において境界線が決定されていない、または係争中である場合。
  2. 対象地域の最高地点が山頂ではなく山の中腹にある場合。必ずしも最高地点=最高峰であるとは限らない。
  3. 最高峰が名称のつけられていない小ピークである場合。
  4. 大陸または島の最高峰で、その大陸または島本体(いわゆる本土)よりも高い山が周辺の諸島に存在している場合。

1.の例

2.の例

3.の例

  • 和歌山県の最高峰は護摩壇山(1372m)とされてきたが、その約700m東にあるピークが1382mで、より高いことがわかった。このピークは2009年3月に「龍神岳」と命名されるまで永らく名称がつけられていなかった。

4.の例

このほか、ヨーロッパの最高峰をエルブルス山とする説とモンブランとする説がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 田代博、清水長正、藤本一美、高田将志 『山の地図と地形』 山と渓谷社、1996年

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]