ワイナプチナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワイナプチナ
Arequipa Ascheregen Huaynaputina 1600.jpg
1600年の噴火の様子を記した資料
標高 4,850 m
所在地 ペルーの旗 ペルー
位置 南緯16度36分30秒 西経70度51分00秒 / 南緯16.60833度 西経70.85000度 / -16.60833; -70.85000座標: 南緯16度36分30秒 西経70度51分00秒 / 南緯16.60833度 西経70.85000度 / -16.60833; -70.85000
山系 アンデス山脈
種類 成層火山
ワイナプチナの位置(ペルー内)
ワイナプチナ
ワイナプチナ
ワイナプチナの位置(ペルー
ワイナプチナの位置(南アメリカ内)
ワイナプチナ
ワイナプチナ
ワイナプチナの位置(南アメリカ
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ワイナプチナ (Huaynaputina) はペルー南部にある火山である。標高は4,850m。

概要[編集]

ワイナプチナはペルー南部・アンデス山脈内にある。

1600年の噴火[編集]

1600年の大噴火は、南アメリカで起きた火山の噴火としては過去最大と言われている。噴火によって噴き上げられた大量の火山灰二酸化硫黄などが太陽光を遮り、各地で寒冷化をもたらした[1]

火山からの噴出量は30km3火山爆発指数は6と推定されている[要出典]。この噴火によって大量の火山灰や二酸化硫黄などが[1]成層圏まで噴き上げられ(プリニー式噴火[要出典]、太陽光を遮った[1]

翌年には世界各地に寒冷化がもたらされた。広い地域でワインの生産ができなくなり、フランスではワインの収穫が遅れ、ペルーとドイツではワインの生産はほぼ壊滅的だった。[要出典]スウェーデンでは大規模な飢饉となった[1]。さらに、ロシアでの大飢饉 (Russian famine of 1601–03) は、大動乱と呼ばれる内乱の一因となった[1][2]日本でも、諏訪湖の氷結時期が早まった[要出典]

ワイナプチナの噴火以降も、世界各地で多くの火山が噴火し、17世紀の世界的な寒冷化の一因となった[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 大噴火が引き起こした地球寒冷化と社会不安”. ナショナルジオグラフィック公式日本語サイト (2008年4月29日). 2012年3月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月13日閲覧。
  2. ^ Verosub, K. L.; Lippman, J. (2008). “Global Impacts of the 1600 Eruption of Peru's Huaynaputina Volcano”. Eos, Transactions American Geophysical Union 89 (15): 141. doi:10.1029/2008EO150001. 
  3. ^ 桃木至朗 (2011年度 2学期号). “〈絵で見る歴史と環境〉 17世紀オランダの冬 (PDF)”. 高等学校 世界史のしおり. 帝国書院. 2015年12月20日閲覧。

関連項目[編集]