2022年のフンガ・トンガ噴火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フンガ・トンガ噴火(2022年)
Tonga Volcano Eruption 2022-01-15 0320Z to 0610Z Himawari-8 visible.gif
ひまわり8号による撮影(2022年1月15日)
火山フンガ・トンガ
年月日2022年1月15日 - 進行中
場所トンガ トンガ ヌクアロファの北約65km
南緯20度33分00秒 西経175度23分06秒 / 南緯20.550度 西経175.385度 / -20.550; -175.385
影響津波[1]、現地の飲料水不足、通信障害
死者:
トンガの旗 トンガ: 3人[2]
ペルーの旗 ペルー: 2人[3]
フンガ・トンガの位置(トンガ内)
フンガ・トンガ
フンガ・トンガ
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害

2022年のフンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ火山の大規模噴火(2022ねんのフンガ・トンガ=フンガ・ハアパイかざんのだいきぼふんか)は、現地時間の2022年1月15日17時ごろ(UTC+13)に南太平洋トンガフンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ火山で発生した海底火山の大規模噴火である[4]。噴火の規模を示す火山爆発指数VEI6程度であった可能性が指摘されており[4]、近年稀に見る巨大噴火であった。この噴火で太平洋沿岸の各国で空振(大気波動[5])と津波、空振による大きな潮位変動が、大西洋側でも空振および潮位変動が観測された。気象庁では噴火に伴うラム波等の気圧波との間の共鳴や地形等の影響による増幅など、複合的な要因により発生したと考えているが、そのメカニズムは未解明[6]

概要[編集]

2022年1月15日の噴火を捉えた気象衛星GOES17号からの画像

フンガ・トンガでは2021年12月20日9時35分ごろ(トンガ現地時間。以後この節では同じ)に噴火が発生し、65km離れた首都ヌクアロファからも見える高度18kmに達する大きさの噴煙が立ち上った[7]ニュージーランド航空路火山灰情報センターウェリントン)は航空会社に対し、航空路火山灰情報を発表した[8]爆発音は170キロメートル (110 mi)離れた地点でも聞こえたと報じられた[9]。最初の噴火は12月21日午前2時まで続いた[7]。その後も活動は継続し、12月25日に撮影された衛星画像では、島の面積が拡大したことが確認された[10]

火山活動は2022年1月5日には一旦弱まったが[11]、1月14日4時ごろに活動を再開して大規模噴火が発生し、高度17 km (55,000 ft)にも達する噴煙が上がった[12][13]。トンガの地質学者チームによると、直径5kmの噴煙が18~20kmの高さに昇るのを確認した[14]。トンガ政府は住民に津波警報を発出した[15][16][17]

そして1月15日17時ごろ(日本時間15日13時ごろ)、さらに大規模な噴火が発生した。前年12月20日の噴火よりも約7倍強かったとみられている[要出典]。噴火に伴う轟音は、トンガ国内のみならず、火山から500km以上離れたフィジーや、さらに遠く離れたニュージーランドオーストラリアでも聞こえたとの報告が多数ある。噴煙は高度約16,000mまで上昇し[18]、半径260キロに広がった[4]。なお、イギリスのNERC国立地球観測センターによると、噴煙の傘は高度35kmに達し、その頂上部は高度55kmまで上昇した可能性がある[19]。 衛星の観測によると、約40万トンの二酸化硫黄が放出された。

噴火後[編集]

15日の大規模噴火で、火山から65km離れた首都ヌクアロファでは爆発音を観測し、やがてヌクアロファのあるトンガの本島トンガタプ島噴石と火山灰が空から降り注いだ[20]。トンガの多くの住民は、高台に避難している最中、交通渋滞に巻き込まれた[21]航空路火山灰情報センター(VAAC)は再び航空会社に航空路火山灰情報を出した[22]

トンガに比較的に近いフィジーのバトア島オノ・イ・ラウ島降灰が観測され[23]、およそ840km離れたサモアでも大きな爆発音が分かり[24][25]ニュージーランド北島オーストラリアの東海岸でも聞こえた。気象衛星による宇宙からの観測で、巨大な噴煙が上がり衝撃波が太平洋を横切って伝播するのが確認された[26]

ニュージーランドの気象観測所では最大振幅約7hPaの衝撃波を観測したほか[27]、オーストラリアの気象観測所でも記録された[28][29][30]スイスでは2.5hPaの気圧変動が測定された[31]。日本でも、15日20時から21時過ぎ(日本時間)にかけて各地で、噴火による衝撃波の影響とみられる概ね2hPaの急激な気圧変化が起こった[32]

アメリカ国立気象局は、トンガから約9000km離れたアラスカ州で、噴火からおよそ8時間半後、気圧の変化と同時に人の耳でも聞こえる低周波音が記録されたとしている。

アメリカ地質調査所は、この噴火のエネルギーを表面波マグニチュードで5.8と算出した[33]

予備観測によると、噴煙が成層圏に大量の火山性物質を放出したと推定される。噴火は一時的な気候変動を引き起こす可能性があるとされる[34]オークランド大学の科学者は、1000年に1回の出来事であるとした[35][36]

トンガ国内の被害と救援活動[編集]

火山灰に覆われる島の様子

噴火後に首都ヌクアロファの建物の屋根に15 cmほどの火山灰が積もっており、多くの住民が教会に集まって避難した。16日には教会で避難した住民が家に戻り、商店ガソリンスタンドなども営業を始めたとの情報がある。また、降灰により水が汚染されているため、飲料水の確保が大きな課題になっていると教会関係者が話した[37]

トンガの気象当局は、噴火直後の17時30分すぎに津波警報を発令し、その後、同国の沿岸地域に津波が押し寄せた。オーストラリア政府によると、首都ヌクアロファに1.2 m (3.9 ft)の津波が襲来し[1][38]太平洋津波警報センターは、トンガでの津波を80 cmとした[39]。トンガタプ島の付近にあるアタタ島が水没したとの情報もある[40]トンガ海軍によると、火山の近辺にある約8000人が住んでいるハアパイ諸島は推定5 m ~ 10 mの津波に襲われた可能性がある[41]。トンガの首都ヌクアロファがあるトンガタプ島では西海岸の道路住宅、商店などが津波による大きな被害を受けており[37]、ヌクアロファの市街地は浸水し、王宮も被害を受けたため、国王トゥポウ6世は別荘に避難した[23]。17日、津波にさらわれたヌクアロファ在住のイギリス人1人の遺体が見つかり、トンガ国内で確認される初の犠牲者となった[42][43]

この噴火の影響でトンガタプ島では全島が停電したため、国外との電話インターネット通信が途絶し、トンガ国内のインターネット通信は午後6:40頃より完全に接続不能となった[44]。噴煙で外国軍の偵察機も近づけないこともあり、噴火直後はトンガ国内の噴火と津波の被害状況を把握できなかった[44][45][40]。また、近隣国ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は16日の記者会見で、現地の情報筋によると一部地域の停電が解消し、現地での携帯電話同士の通話も可能となったが、他国との通信手段が遮断され、被害状況の把握が難しいと示したほか、水道水が汚染されている可能性があると述べ、支援の必要性を訴えた[45][46][47]。17日にニュージーランド政府は、ヌクアロファの大部分で停電が復旧したと明らかにした。ニュージーランド軍オーストラリア軍哨戒機は上空から、沿岸部での建物などに大きな被害があると確認したが、同日中の着陸は見送った[37]

18日、トンガの首相シャオシ・ソヴァレニと同国の外交官によると、ハアパイ諸島とトンガタプ島の西海岸を襲った津波は最大15 mの高さに達した。トンガタプ島の西海岸では56戸の家屋が深刻な被害を受けたため、住民は既に避難所に移した。また、トンガタプ島付近のアタタ島、ハアパイ諸島のマンゴ島フォノイフア島ノムカ島も深刻な被害を受けたことが判明した。マンゴ島は村全体が壊滅状態で、フォノイフア島では2軒の家屋しか残っておらず、アタタ島でも多くの家屋が倒壊した。また、マンゴ島とノムカ島でそれぞれ1人が死亡し、多数の負傷者も報告された[2][48]

また、南太平洋の海底ケーブルを運営する会社、サザンクロスケーブルの担当者によると、トンガとフィジーのスバをつなぐ全長872 kmの海底光ケーブルが破損した。トンガと外国との通信にしばらく支障が出続け、通信会社衛星電話などの代替手段を試していたが、2月22日、ほぼ5週間ぶりに復旧したと担当者が明らかにした。一方で、トンガの首都ヌクアロファがあるトンガタプ島と離島を結ぶ国内ケーブルは未だ復旧していない。同国で携帯通信を手がけるデジセルによると、北部の離島では通信が断絶した状態が続いている[49] [50]

ファアモツ国際空港は、津波と火山灰により航空機の離発着ができない状況となった[51]。1月17日からは滑走路に積もった火山灰の撤去が始まり、同月20日になってニュージーランドからの救援機(C-130輸送機)が噴火後初めて着陸。同日にはオーストラリアの救援機も到着した[52]。1月22日には3トンの飲料水を載せた日本の救援機も着陸している[53]

津波・潮位変化[編集]

噴火後には火山周辺で津波が発生した。トンガから遠く離れた日本では15日夜に気象庁が「若干の海面変動がある可能性はあるものの、被害のおそれはない」と発表した[54]

実際に、トンガと日本の間にあるサイパンでは波が小さく[39]、津波は小さいとみられていた。ところが、本来の津波の到達予想時刻より2時間ほど早く、日本に気圧変動が到達した20時(日本時間)ごろから日本の各地で潮位の変化を観測。23時以降には予想をはるかに超えた1m超の潮位変化があったため、気象庁は日付の変わった0時すぎに津波警報・注意報を発表した。気象庁は16日未明の会見で、「地震に伴い発生する通常の津波とは異なる」とし[55]、この現象による災害を防ぐため、津波警報の仕組みを使って防災対応を呼びかけたと説明した。なお、この潮位変化は日本の北海道から南西諸島まで[56][57][58]のほか、太平洋周縁の広い範囲(アメリカ西海岸南米など)でも観測された[59]。これら火山からはるか遠方で、火山直近のトンガ国内と同等やそれ以上の津波が観測された。

通常の津波は10分から1時間程度の周期で、特に遠方からの津波は周期が長くなるのに対し、今回の潮位変動は数分周期と異様に短かく、地震や火山噴火など海底の地形変動に生じた津波が日本に到達したとは考えにくいものだった。気象庁は急激な気圧変化による潮位の上昇が起きた可能性を指摘した[60]東北大学災害科学国際研究所今村文彦は、気圧上昇の後に潮位変動が確認されたことを指摘し、噴火による空振が海面に短周期の波を作りながら進み、日本付近で波が集積するなどして、大きな津波となったと分析した。また、噴火によって太平洋全域に気圧の変化を生じさせ潮位の変動を引き起こしていると指摘している[61][62]

ウェザーニュースは日本各地で急激な気圧変化をもたらした衝撃波(空振)が地球を一周して、17日の9時前から10時過ぎにかけて、再び日本付近を通過した可能性があると指摘した上で、大きい所で1hPa程度の気圧変化が観測されたと発表した[63][注釈 1]

以下、通常の津波とは異なる潮位変化(気象津波[注釈 2] についても、津波被害に含めて記述する。

オセアニア[編集]

トンガの近隣国であるフィジーのラウ諸島カンダブ島バヌアレブ島ビティレブ島の一部では高波や村の浸水、モゼ島モアラ島、カンダブ島とタベウニ島では津波の被害が報告された[23]アメリカ領サモア[66]バヌアツ、オーストラリアのロード・ハウ島マッコーリー島ノーフォーク島[67]、ニュージーランドの北島とチャタム諸島[68][23]にも津波に関する注意報が発令された。

各国で以下のような津波が観測された。

日本[編集]

潮位変化を警戒し立入禁止措置をとる沖縄県東村慶佐次湾マングローブ林(未明の第一波では漂着ゴミが押し寄せた)2022年1月16日撮影

日本の気象庁は、潮位変化(当初は津波と捉えていた)の確認後太平洋沿岸の各地に津波警報津波注意報を発表した。鹿児島県奄美市小湊で1.2 m、岩手県久慈港で1.1 mの津波を観測するなど[69]、各地に津波が押し寄せた。宮城県多賀城市砂押川では16日0時45分ごろ、津波が川を逆流する様子が確認された[70]

津波警報が発表されるのも、1mを超える高さの潮位変化が観測されるのも、2016年の福島県沖地震東北地方太平洋沖地震の余震)以来である[71]。また、海底火山の噴火による潮位変化が日本で観測されるのは、福徳岡ノ場(2021年)[72]に続く事例となった。

総務省消防庁によると、16日7時半の時点で青森県、岩手県、宮城県、千葉県徳島県高知県宮崎県鹿児島県の8県の55市町村で10万8667世帯、22万9239人に避難指示が出されていた[73]

各地で鉄道が運転を見合わせたり航空路が欠航するなど、交通にも大きな影響が出た[74]。鉄道では太平洋岸の路線を中心に青森県内と岩手県内の八戸線の全線と岩手県内の三陸鉄道リアス線の全線、東北本線山田線釜石線の一部の列車が運休、宮城県内と福島県内の常磐線、宮城県内の石巻線などの一部区間で運転を見合わせた[75]。また千葉県では自治体から避難指示が出た影響で内房線外房線の一部区間で運転を見合わせたほか、京葉線東金線の一部列車に遅れや運休が出た[76]。航空路では日本航空仙台空港奄美空港徳之島空港を発着する合計27便のほか、スカイマークの奄美空港を発着する一部の便で欠航となった[77]航路では神奈川県横須賀市久里浜港と千葉県富津市金谷港を結ぶ東京湾フェリーが欠航した[78]自動車道では静岡県熱海ビーチラインや千葉県の九十九里有料道路の全線で通行止めとなった[79]

また岩手県宮古市にある岩手県立大学宮古短期大学部では、1月16日の大学入学共通テスト2日目が津波警報による交通機関の影響で中止になり、この会場の受験生は1月30日の再試験の対象となった。千葉県東金市の城西国際大学でも、試験時間を1時間繰り下げて実施した。大学入試センターは避難指示の影響などで受験できなかった場合は、1月30日に行われる追試験の対象になると発表し[80]、同月26日に津波警報・注意報による公共交通機関の運休により、テストを受験できなかった6人が追試験、前述の宮古市の会場にて受験予定だった181人が再試験の対象になったことを同センターが明らかにした[81][82]

沖縄県糸満市と鹿児島県奄美市では、避難する際に転倒してそれぞれ1人が軽傷を負った[83]高知県徳島県三重県などでは潮位変化により漁船沈没したり転覆したりする被害が出た[84]

時系列(日本時間)
  • 1月15日13時10分 - 火山噴火。
  • 19時 - 気象庁が「津波予報(若干の海面変動)」を発表。海面変動の予想時刻は、早い沿岸で15日21時頃と発表した[85][86]
  • 22時52分 - 東京都小笠原父島で90 cmの潮位変化を観測[87]
  • 23時55分 - 鹿児島県奄美市小湊で1.2 mの潮位変化を観測[88]
  • 16日0時15分 - 奄美群島トカラ列島津波警報[89]。北海道太平洋沿岸東部、北海道太平洋沿岸中部、北海道太平洋沿岸西部、青森県日本海沿岸、青森県太平洋沿岸、岩手県、宮城県、福島県茨城県、千葉県九十九里外房、千葉県内房東京都伊豆諸島小笠原諸島神奈川県相模湾三浦半島静岡県愛知県外海伊勢三河湾三重県南部、和歌山県、徳島県、高知県、宮崎県、鹿児島県東部、種子島屋久島地方、沖縄本島地方、大東島地方、宮古島八重山地方に津波注意報[89]を発表。緊急警報放送が発信される。
  • 2時00分 - 気象庁の宮岡一樹地震情報企画官が会見し[90]、津波警報・注意報を発表した経緯について「現時点(2時33分時点)で今回の潮位変化が本当に津波かどうかわかっておりません。ただし、大きな潮位の変化が観測されておりますので、防災上の観点から津波警報、注意報の仕組みを使って防災対応を呼びかけているものです[90]。」と説明した。
  • 2時26分 -岩手県の久慈港での潮位変化が1.1 mを超え、2時54分に岩手県沿岸部が津波警報に切り替えられる[91]。この警報切り替えで、NHKでは2回目の緊急警報放送が発信された。
  • 4時07分 - 長崎県西方と鹿児島県西部に津波注意報を追加発表[92]
  • 7時30分 - 鹿児島県奄美群島とトカラ列島の津波警報が注意報に切り替えられる[93]
  • 11時20分 - 岩手県の津波警報が注意報に切り替えられる[94]
  • 14時00分 - 全ての津波注意報が解除され[95]津波予報に切り替えられる。

2022年1月16日(日)時点で、津波警報・津波注意報が発表された沿岸と、検潮所で観測された潮位変化の高さは次の通り[96]

津波情報 津波予報区の名称 津波の予想高さ 予報区内で観測した潮位変化の高さの最大値
津波警報 奄美群島・トカラ列島 3 m 1.2 m(最も高い潮位変化)
岩手県 1.1 m
津波注意報 北海道太平洋沿岸東部 1 m 0.9 m
北海道太平洋沿岸中部 0.7 m
北海道太平洋沿岸西部 0.3 m
青森県太平洋沿岸 0.6 m
青森県日本海沿岸 発表なし
宮城県 0.7 m
福島県 0.7 m
茨城県 0.6 m
千葉県九十九里・外房 0.4 m
千葉県内房 0.5 m
伊豆諸島 0.8 m
小笠原諸島 0.9 m
相模湾・三浦半島 0.4 m
静岡県 0.7 m
愛知県外海 0.6 m
伊勢湾・三河湾 0.2 m
三重県南部 0.6 m
和歌山県 0.9 m
徳島県 0.5 m
高知県 0.9 m
長崎県西方 0.3 m
宮崎県 0.7 m
鹿児島県東部 0.7 m
鹿児島県西部 0.6 m
種子島・屋久島地方 0.7 m
沖縄本島地方 0.3 m
大東島地方 0.2 m
宮古島・八重山地方 0.3 m

上記のうち、主要な地点で観測した潮位変化の高さと時刻は以下の通り[96]

津波予報区 観測点 観測時刻(JST 潮位変化の高さ(最大波高)
奄美群島・トカラ列島 奄美市小湊 15日23時55分 1.2 m
岩手県 久慈港 16日2時26分 1.1 m
北海道太平洋沿岸東部 浜中町霧多布港 16日1時5分 0.9 m
小笠原諸島 父島二見 15日22時52分
和歌山県 串本町袋港 16日1時23分
御坊市祓井戸 16日0時31分
高知県 土佐清水 16日0時23分
室戸市室戸岬 16日0時15分 0.8 m
伊豆諸島 八丈島八重根 16日3時4分

南北アメリカ[編集]

ペルーでは当初、影響はないとして津波警報は発令されず、避難指示もなかったが[97]、北部のランバイエケ県の海岸では2人が2mの津波に巻き込まれて死亡し[98][3]、中部のパラカスカヤオでも津波が観測された[99]。また、首都リマ近郊のラ・パンピリヤ(La Pampilla)にある製油所では、原油の荷降ろし作業中のタンカーを津波が直撃して衝撃で原油が流出し、海洋汚染が危惧される事態になっている[100]チリの国家緊急対策庁によれば、同国北部アタカマ州チャニャラルでは1.9 mの津波、イースター島では60 cmの津波が観測された[3]エクアドルでも一時津波警報が出された[99]

米国ではカリフォルニア州サンタクルーズで1.3 mの津波が観測された。同地で海岸沿いの駐車場が冠水して、一部の車が押し流されるなどの被害が出た[39][101]

各国で以下のような津波が観測された。

この他、南北アメリカ大陸パナマ地峡で太平洋と隔てられているカリブ海プエルトリコでも潮位の変化が観測された[39]

気候への影響[編集]

この噴火は近年稀に見る巨大噴火であったため、地球の気候にも影響を与えるのではないかと懸念されていた。しかし実際は、地球を低温化させる二酸化硫黄の放出量は1991年のピナトゥボ山噴火の約40分の1しかなく、比較的少ないことがわかった[102]。そのため、この噴火が地球の気候に与える影響は限定的であるとされた[103]気象庁気象研究所の小畑淳室長によれば 「地球全体の気候に影響するのは少なくとも二酸化硫黄の放出が1千万トン以上の場合」であるという[102]

潮位変化のメカニズム[編集]

気象庁は2022年4月7日、トンガ沖の海底火山の噴火に伴う津波(潮位変化)の発生原因に関する有識者会議の報告書を公表した[104]。それによると、噴火による空気の振動で「ラム波」と呼ばれる音速に近いスピード(秒速300メートル程度[105])の気圧波が同心円状に発生し、海面が押されたことなどによって、潮位変化が発生したという[106]。また、気圧波が海面の波と共鳴したために日本沿岸でも津波が観測された可能性があることが指摘された[107]。同日気象庁は、この事例を教訓として、火山性津波の発生が予想される場合には、 気圧波(ラム波)の速度から津波の到達時刻を予想するよう、運用を変更した[108]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ なお、国際日本文化研究センター磯田道史やウェザーニュースの解説者山口剛央は、1883年に発生したインドネシアのクラカタウ火山の大規模噴火の際にも、今回日本に到達した、津波とみられるものと同様の潮位変化が起きていたことを指摘している[64][65]
  2. ^ 気象津波に位置づけられる[65]

出典[編集]

  1. ^ a b c d National No Threat Bulletin issued 4:58PM AEDT Saturday 15 January 2022”. Australian Bureau of Meterology (2022年1月15日). 2022年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月16日閲覧。
  2. ^ a b All homes on one of Tonga's islands destroyed, three dead” (英語). ロイター (2022年1月18日). 2022年1月18日閲覧。
  3. ^ a b c 南米にも津波到達、ペルーでトラックが波にのまれ女性2人死亡…地元紙報道 : 国際 : ニュース”. 読売新聞オンライン (2022年1月16日). 2022年1月18日閲覧。
  4. ^ a b c トンガの海底噴火、噴煙は半径260キロに広がる 「大量の軽石も」:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年1月15日閲覧。
  5. ^ "トンガ沖 大規模噴火 想定外の津波はなぜ起きたのか". NHK時論公論. 2022年1月18日. 該当時間: 4分35秒. NHK総合. 2022年1月19日閲覧地震による津波と全く違い「大気波動」で引き起こされたため早く到達か(画面フリップから)
  6. ^ 気象庁 (2022年4月7日). “フンガ・トンガ-フンガ・ハアパイ火山の噴火による潮位変化のメカニズム等の分析結果と情報発信の運用改善について”. 2022年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月7日閲覧。
  7. ^ a b Mary Lyn Fonua (2021年12月21日). “Air NZ funeral flight to Tonga cancelled as Hunga eruption continues”. Matangi Tonga. 2021年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月21日閲覧。
  8. ^ VA Advisory”. VAAC (2021年12月19日). 2021年12月20日閲覧。
  9. ^ “Undersea volcano sends plume of steam into the skies near Tonga”. NewsHub. (2021年12月21日). https://www.newshub.co.nz/home/world/2021/12/undersea-volcano-sends-plume-of-steam-into-the-skies-near-tonga.html 2021年12月21日閲覧。 
  10. ^ Tonga volcano grows in size as eruption continues for sixth day”. RNZ (2021年12月25日). 2021年12月26日閲覧。
  11. ^ Hunga volcano quietens down, while pumice floats onto Tongatapu beaches”. Matangi Tonga (2022年1月6日). 2022年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月8日閲覧。
  12. ^ ash advisory for hunga tonga”. 2022年1月13日閲覧。
  13. ^ “Underwater volcano Hunga-Tonga-Hunga-Ha'apai erupts again”. Radio New Zealand. (2022年1月14日). オリジナルの2022年1月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220114115608/https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/459572/underwater-volcano-hunga-tonga-hunga-ha-apai-erupts-again 2022年1月15日閲覧。 
  14. ^ Tongan geologists observe stunning eruptions at Hunga”. Matangi Tonga (2022年1月15日). 2022年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月15日閲覧。
  15. ^ “Tonga tsunami warning lifted, volcano still being monitored”. 1 News. (2022年1月14日). https://www.1news.co.nz/2022/01/15/tonga-tsunami-warning-lifted-volcano-still-being-monitored/ 2022年1月15日閲覧。 
  16. ^ Tsunami Marine Warning for Tonga”. Government of Tonga (2022年1月14日). 2022年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月14日閲覧。
  17. ^ Underwater volcano Hunga-Tonga–Hunga-Ha'apai erupts again”. RNZ (2022年1月14日). 2022年1月14日閲覧。
  18. ^ 令和4年1月15日13時頃のトンガ諸島付近のフンガ・トンガ-フンガ・ハアパイ火山の大規模噴火に伴う潮位変化について (PDF) - 気象庁 
  19. ^ https://www.volcanodiscovery.com/hunga-tonga-hunga-haapai/news/170897/Hunga-Tonga-Hunga-Ha-apai-volcano-Tonga-activity-update-top-of-plume-may-have-reached-55-km-altitude.html
  20. ^ New tsunami warning as waves hitting Tonga”. Kaniva Tonga (2022年1月15日). 2022年1月15日閲覧。
  21. ^ Louise Cheer (2022年1月15日). “Tsunami hits Tonga after 'catastrophic' volcano eruption”. Yahoo News Australia. https://au.news.yahoo.com/tsunami-hits-tonga-after-catastrophic-volcano-eruption-060809732.html 2022年1月15日閲覧。 
  22. ^ VA ADVISORY”. VAAC Wellington (2022年1月15日). 2022年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月15日閲覧。
  23. ^ a b c d Tongan tsunami felt around the Pacific” (英語). RNZ (2022年1月16日). 2022年1月16日閲覧。
  24. ^ Fijivillage. “Loud thundery sounds being experienced in Fiji are from the huge volcanic eruption in Tonga” (英語). www.fijivillage.com. 2022年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月15日閲覧。
  25. ^ Martin, Hannah; Bohny, Skara; Ockhuysen, Stephanie; Tokalau, Torika (2022年1月15日). “'Screams everywhere': Tsunami waves crash through homes in Tonga after eruption”. Stuff. https://www.stuff.co.nz/world/south-pacific/300496665/screams-everywhere-tsunami-waves-crash-through-homes-in-tonga-after-eruption 
  26. ^ Oli Smith (2022年1月15日). “Tonga tsunami: Satellite footage shows moment of volcanic shockwave - apocalyptic scenes”. Daily Express. https://www.express.co.uk/news/world/1550449/Tonga-tsunami-volcano-eruption-video-satellite-footage-American-Samoa-evacuation-vn 2022年1月15日閲覧。 
  27. ^ @MetService (2022年1月15日). “A pressure surge from the latest eruption of the Hunga-Tonga-Hunga-Ha'apai volcano in Tonga has been observed in our weather stations across the country this evening. Note, times are in UTC, so 0600 is 7pm NZ Time.” (英語). Twitter. 2022年1月15日閲覧。
  28. ^ Grubb, Ben (2022年1月15日). “Waves crash into Tonga homes as tsunami warnings sound across the Pacific” (英語). The Sydney Morning Herald. 2022年1月15日閲覧。
  29. ^ @Ben_Domensino (2022年1月15日). "This is phenomenal. It appears the atmospheric pressure waves created by the #Tonga #volcano have been detected on Australia's east coast. This graph shows MSLP fluctuating in Sydney around the same time satellite images showed the pressure wave reaching eastern Australia" (ツイート). Twitterより。 Cite webテンプレートでは|access-date=引数が必須です。 (説明)
  30. ^ @Ben_Domensino (2022年1月15日). "The pressure wave was also detected in #Perth, WA around 6:30pm AWST, some 6,900km away from the Hunga Tonga-Hunga Haʻapai volcano" (ツイート). Twitterより。 Cite webテンプレートでは|access-date=引数が必須です。 (説明)
  31. ^ Jörg Kachelmann [@Kachelmann] (2022年1月15日). "Unglaublich: Die Druckwelle aus #Tonga ist gerade in der Schweiz angekommen, 2,5 hPa Ausschlag" (ツイート). Twitterより2022年1月15日閲覧
  32. ^ トンガでの火山噴火による衝撃波か 日本各地で急激な気圧変化(ウェザーニュース)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年1月16日閲覧。
  33. ^ M 5.8 Volcanic Eruption - 68 km NNW of Nuku'alofa, Tonga”. earthquake.usgs.gov. U.S. Geological Survey. 2022年1月15日閲覧。
  34. ^ @Weather_West (2022年1月15日). "It appears likely that massive Hunga-Tonga eruption produced powerful enough eruption plume to inject significant amount of material well into stratosphere. Violent eruption of tropical volcano like this fits profile of event that could have small, temporary climate effect..." (ツイート). Twitterより2022年1月16日閲覧
  35. ^ Tonga volcano eruption and tsunami: No power, communications still down”. RNZ (2022年1月16日). 2022年1月16日閲覧。
  36. ^ Shane Cronin (2022年1月16日). “Why the volcanic eruption in Tonga was so violent, and what to expect next”. The Conversation. 2022年1月16日閲覧。
  37. ^ a b c トンガ、通信復旧まで数週間か 降灰で水が汚染、飲料水の確保に課題:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2022年1月17日). 2022年1月17日閲覧。
  38. ^ Waves hitting Tonga as volcano tsunami warning in place”. 1 News (2022年1月15日). 2022年1月15日閲覧。
  39. ^ a b c d e f g h i 「100年に1度」大噴火 衝撃波が太平洋揺らす”. 日本経済新聞. 日本経済新聞 (2022年1月16日). 2022年1月16日閲覧。
  40. ^ a b Tonga volcano: Concern for 8000 people in the Ha'apai group as communication lines still down” (英語). Stuff (2022年1月15日). 2022年1月16日閲覧。
  41. ^ トンガ火山噴火、離島に壊滅的な被害 死者増加の恐れ”. ロイター. 2022年1月18日閲覧。
  42. ^ トンガ在住の英国人女性が死亡 犬を助けようとして流されたか:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2022年1月18日). 2022年1月18日閲覧。
  43. ^ Tonga tsunami: Body of British woman swept away by wave found” (英語). Sky News (2022年1月17日). 2022年1月18日閲覧。
  44. ^ a b Volcano erupts in Pacific, West Coast under tsunami advisory” (英語). ABC News (2022年1月16日). 2022年1月16日閲覧。
  45. ^ a b トンガ停電、通信遮断も 人的被害不明、津波80センチ:中日新聞Web”. 中日新聞Web (2022年1月16日). 2022年1月16日閲覧。
  46. ^ Significant tsunami damage feared in Tonga, communications still cut」『Reuters』、2022年1月16日。2022年1月16日閲覧。
  47. ^ トンガ停電、通信遮断も 津波80センチ、被害不明”. 産経ニュース (2022年1月16日). 2022年1月16日閲覧。
  48. ^ トンガ火山噴火、離島に壊滅的な被害 死者増加の恐れ」『Reuters』、2022年1月18日。2022年1月18日閲覧。
  49. ^ Tonga subsea communications cable 'may be broken after all', says Southern Cross” (英語). Stuff (2022年1月16日). 2022年1月16日閲覧。
  50. ^ 噴火で損傷のトンガ海底ケーブル、5週間ぶりに復旧”. 日本経済新聞 (2022年2月22日). 2022年2月22日閲覧。
  51. ^ トンガの火山島、陸地の大部分が消失か 噴火前は東京ドーム61個分”. 朝日新聞DIGITAL (2022年1月18日). 2022年1月27日閲覧。
  52. ^ トンガに最初の救援機が到着 NZ軍が「非接触」で物資降ろす”. BBC (2022年1月20日). 2022年1月27日閲覧。
  53. ^ 空自輸送機がトンガ到着 飲料水3トン届ける”. 産経新聞 (2022年1月22日). 2022年1月27日閲覧。
  54. ^ “トンガの海底火山で大規模噴火、日本への津波被害の心配なし 気象庁”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2022年1月15日). https://www.asahi.com/articles/ASQ1H66RWQ1HUTIL03D.html 2022年1月16日閲覧。 
  55. ^ TIMES編集部, ABEMA. “「地震に伴い発生する通常の津波とは異なる」 気象庁が会見、引き続き避難・警戒を呼びかけ | 国内”. ABEMA TIMES. 2022年1月16日閲覧。
  56. ^ 奄美に1・2メートルの津波到達 トンガ噴火影響か”. 産経ニュース (2022年1月16日). 2022年1月15日閲覧。
  57. ^ 津波の観測情報” (日本語). tenki.jp. 2022年1月16日閲覧。
  58. ^ 岩手県に津波警報 広域に津波注意報 警戒を緩めないで (9時30分現在)” (日本語). ウェザーニュース. 2022年1月16日閲覧。
  59. ^ Fernando, Christine (2022年1月15日). “Tsunami impacts hit West Coast after volcano eruption in Pacific; stay away from beaches, officials warn” (英語). USA TODAY. 2022年1月16日閲覧。
  60. ^ 日本テレビ. “気象庁「警報など解除されるまで警戒を」|日テレNEWS24” (日本語). 日テレNEWS24. 2022年1月16日閲覧。
  61. ^ “トンガ噴火に伴う衝撃波で津波発生か、「日本付近で波が集積」…今村文彦教授が分析”. 読売新聞 (読売新聞社). (2022年1月16日). https://www.yomiuri.co.jp/science/20220116-OYT1T50076/ 2022年1月16日閲覧。 
  62. ^ 日本への津波 専門家「噴火に伴う空気の振動“空振”原因か」” (日本語). NHK NEWSWEB. 2022年1月16日閲覧。
  63. ^ トンガ火山噴火による衝撃波が地球1周して再来か 今朝も各地で気圧変化」『ウェザーニュース』ウェザーニュース、2022年1月17日。2022年1月17日閲覧。オリジナルの2022年1月17日時点におけるアーカイブ。
  64. ^ “全国で気圧上昇、津波との関連調査 気象庁「経験ない」”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2022年1月16日). オリジナルの2022年1月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220116173701/https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE154J60V10C22A1000000/ 2022年1月19日閲覧. "今村明恒(地震学者)が「地震漫談 (其の十)」1934年にこう記す。大気波動が「クラカトアから出発して」地球を巡回、「三回半までも追跡」。津波も発生。" 
  65. ^ a b 山口剛央 (2022年1月18日). “潮位変化「前例ない」は本当か 津波警報の遅れと防災情報のあり方”. ウェザーニュース (ウェザーニュース). オリジナルの2022年1月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220118191150/https://weathernews.jp/s/topics/202201/180005/ 2022年1月19日閲覧。 
  66. ^ Live updates: Tsunami warning for parts of NZ's North Island, waves crashing into Tonga”. RNZ (2022年1月15日). 2022年1月15日閲覧。
  67. ^ Tonga tsunami puts Australia, Pacific nations, Japan, US West Coast on alert” (英語) (2022年1月16日). 2022年1月16日閲覧。
  68. ^ Tsunami advisory for parts of NZ's North Island, waves crash into Tonga after volcanic eruption” (英語). RNZ (2022年1月15日). 2022年1月15日閲覧。
  69. ^ 岩手県に津波警報 広域に津波注意報 (7時30分現在)” (日本語). ウェザーニュース. 2022年1月16日閲覧。
  70. ^ 【更新】津波が宮城・砂押川を逆流 トンガ沖・海底火山噴火” (日本語). 河北新報オンラインニュース (2022年1月16日). 2022年1月16日閲覧。
  71. ^ 気象庁「津波警報の発表は2016年11月以来」”. TBS NEWS. 2022年1月16日閲覧。
  72. ^ 潮汐・海面水位のデータ”. 気象庁. 2022年4月21日閲覧。
  73. ^ 日本放送協会. “津波警報 注意報 8県の約23万人に避難指示(午前7時半)”. NHKニュース. 2022年1月16日閲覧。
  74. ^ 日本放送協会. “津波警報や津波注意報で各地に交通影響”. NHKニュース. 2022年1月16日閲覧。
  75. ^ 日本放送協会. “岩手県に津波警報 高さの予想3メートル”. NHKニュース. 2022年1月16日閲覧。
  76. ^ 沿岸部の鉄道で運休など相次ぐ 津波警報・注意報の影響” (日本語). TBSニュース (2022年1月16日). 2022年1月16日閲覧。
  77. ^ 津波警戒で交通乱れる 鉄道や航空、海の便も”. 中日新聞. 2022年1月16日閲覧。
  78. ^ 日本放送協会. “東京湾フェリー 始発便から欠航 津波注意報で”. NHKニュース. 2022年1月16日閲覧。
  79. ^ 津波:空の便や道路への影響は(9:15)”. 日テレNEWS24. 2022年1月16日閲覧。
  80. ^ 日本放送協会. “大学入学共通テスト 岩手の1会場で中止 千葉で開始繰り下げも”. NHKニュース. 2022年1月16日閲覧。
  81. ^ コロナで追試463人 事件影響4人、津波6人も―共通テスト”. 時事通信 (2022年1月26日). 2022年1月27日閲覧。
  82. ^ 共通テスト追試、コロナ理由が463人で大幅増…東大事件で4人・トンガ津波は6人”. 読売新聞 (2022年1月26日). 2022年1月27日閲覧。
  83. ^ トンガ諸島の火山噴火に伴う津波による被害及び消防機関等の対応状況 (第5報) (PDF) - 総務省消防庁
  84. ^ 日本放送協会. “高知県 徳島県 三重県で漁船沈没や転覆相次ぐ”. NHKニュース. 2022年1月16日閲覧。
  85. ^ トンガ噴火日本への影響 多少の潮位変化も被害心配ない 気象庁NHK
  86. ^ トンガで海底火山大規模噴火、津波 気象庁「日本への影響ない」毎日新聞
  87. ^ 各地で津波を観測 鹿児島・奄美市小湊1.2m 岩手・久慈港 1.1m 上昇中のところも - TBSNEWS(2022年1月16日3時09分配信)
  88. ^ 各地で津波を観測 鹿児島・奄美市小湊1.2m 岩手・久慈港 1.1m 上昇中のところも(7:10時点)(TBS系(JNN))” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年1月16日閲覧。
  89. ^ a b 【津波警報】奄美群島・トカラ列島に発表 ただちに高台などに避難を (0時15分現在)」『weathernews.』、2022年1月16日。2022年1月16日閲覧。
  90. ^ a b 【詳報】気象庁「本当に津波かどうか分からない」今回の津波警報・注意報の経緯を説明(TBS系(JNN))” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年1月16日閲覧。
  91. ^ 【津波警報】岩手県、奄美群島・トカラ列島に発表 ただちに高台などに避難を (5時33分現在)” (日本語). ウェザーニュース. 2022年1月16日閲覧。
  92. ^ 長崎県西方と鹿児島県西部の沿岸に新たに津波注意報 - NHK長崎NEWSWEB(2022年1月16日4時31分配信)
  93. ^ 関連ニュース - NHK NEWSWEB
  94. ^ 岩手県の津波警報 注意報に” (日本語). NHK NEWSWEB (2022年1月16日). 2022年1月16日閲覧。
  95. ^ 日本放送協会. “津波注意報 午後2時にすべて解除 気象庁”. NHKニュース. 2022年1月16日閲覧。
  96. ^ a b 津波の観測情報” (日本語). tenki.jp. 2022年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月16日閲覧。
  97. ^ 噴火後の波にさらわれ?2人死亡 南米ペルー、津波警報は発令されず:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2022年1月16日). 2022年1月18日閲覧。
  98. ^ a b LR, Redacción (2022年1月15日). “Lambayeque: dos mujeres fallecieron en playa Naylamp por fuertes oleajes” (スペイン語). larepublica.pe. 2022年1月16日閲覧。
  99. ^ a b トンガ大規模噴火の影響 津波がペルーの海岸に到着”. TBS NEWS (2022年1月16日). 2022年1月18日閲覧。
  100. ^ ペルーで原油流出し海洋汚染 トンガ火山噴火の津波の影響”. Yahoo!ニュース(AP通信) (2022年1月20日). 2022年1月21日閲覧。
  101. ^ 8000km離れた米・加州にも1m超の津波 車が流される被害”. テレ朝news (2022年1月16日). 2022年1月18日閲覧。
  102. ^ a b トンガ噴火、冷夏など気候影響は限定的か 二酸化硫黄の放出少なく(朝日新聞デジタル)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年1月21日閲覧。
  103. ^ トンガ火山噴火による気候変動の考察速報(竹村俊彦) - 個人” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年1月21日閲覧。
  104. ^ トンガ津波、海底火山噴火による「気圧波」が原因…気象庁有識者会議 : 科学・IT : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2022年4月7日). 2022年4月7日閲覧。
  105. ^ トンガ海底火山噴火に伴う潮位変化のメカニズム分析 気圧波や沿岸地形など複合要因で発生”. TBS NEWS. 2022年4月7日閲覧。
  106. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年4月7日). “トンガ噴火の潮位変化 音速に近い「ラム波」が影響 気象庁報告書” (日本語). 産経ニュース. 2022年4月7日閲覧。
  107. ^ 気圧変化と海面の波が共鳴か トンガ海底火山噴火の津波―気象庁報告書案:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2022年4月7日閲覧。
  108. ^ 「気圧波」で津波到達時刻を予想 トンガ噴火を教訓に気象庁が運用変更:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2022年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]