パナマ地峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パナマ地峡

パナマ地峡(パナマちきょう、西: Istmo de Panamá: Isthmus of Panama)は、中央アメリカカリブ海太平洋との間、パナマ中部にあり、南・北両アメリカ大陸を結ぶ帯状の地峡。およそ300万年前の鮮新世に形成されることで、アメリカ大陸間大交差を起こした。パナマ共和国パナマ運河がある狭い陸地で、幅は僅か64キロメートル。最狭部はサンブラス地峡。他の多くの地峡と同様に、戦略的に重要なポイントである。

歴史[編集]

バスコ・ヌーニェス・デ・バルボアが、カリブ海の海岸沿いを航行している時に、原住民から「南の海」(太平洋)の話を聞いた。1513年9月25日に、彼は太平洋を発見した。1519年、太平洋沿いの小規模な原住民の居住区の近くに、パナマの町が創設された。ペルーの発見の後、町は重要な貿易港として発展し、地域の行政上の中心地となった。1671年ウェールズ人の海賊ヘンリー・モーガンカリブ海からパナマ地峡を横断して来て、パナマの町を破壊した。その結果、町は西に数キロ離れた小さな半島上に移転した。パナマの旧市街であるPanama la Vieja地区の遺跡は、近年ユネスコ世界遺産に登録された。

ペルー副王領の金、銀が地峡を横断してポルトベロに輸送され、そこでインディアス艦隊に積み込まれ、スペイン本土のセビリアおよび1707年からはカディスにも運ばれた。

1680年から1684年の間、ライオネル・ウェハ(Lionel Wafer)は、原住民のクナ族(Cuna)と生活を共にした。

1698年、スコットランドが、ダリエン計画(Darien scheme)により、居住区の建設を試みた。

1849年に始まったカリフォルニアゴールドラッシュで、大西洋から太平洋に向かう人の数が増した。アメリカ東部の港から、金を捜し求める人を乗せた蒸気船がやって来て、初期には徒歩や馬で、後にはパナマ地峡鉄道で、地峡を渡った。太平洋側に到着すると、彼らはパシフィック・メィル社(Pacific Mail Steamship Company)の船に乗り込み、サン・フランシスコへと向かった。

スエズ運河を建設したフェルディナン・ド・レセップスが、1880年パナマ運河会社(Panama Canal Company)を立ち上げたが、1889年に破綻し、パナマ運河疑獄事件へと発展した。

関連項目[編集]

座標: 北緯8度40分 西経80度0分 / 北緯8.667度 西経80.000度 / 8.667; -80.000