アメリカ大陸間大交差

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメリカ大陸間大交差にアメリカ大陸間に交差した動物種。オリーブ色のシルエットの動物種は南米から北米へ渡った種類で、青色のシルエットは北米から南米へ渡った種類のことを指す。

アメリカ大陸間大交差(アメリカたいりくかんだいこうさ、: Great American Interchange)、または南北アメリカ大陸大交換(なんぼくアメリカたいりくだいこうかん)とは、約300万年前に鮮新世パナマ地峡の形成で、新北区北米)と新熱帯区南米)が繋ることによって起こった動物種の大規模な交換のことである。

南米から北米へ渡った種類の例[編集]

北米から南米へ渡った種類の例[編集]


参考文献[編集]

  • Larry G. Marshall (1988). “Land Mammals and the Great American Interchange” (PDF). American Scientist 76: 380-388. ISSN 0003-0996. http://www.eebweb.arizona.edu/Courses/Ecol485_585/Readings/Marshal_1988.pdf. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]