ジャシンダ・アーダーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャシンダ・アーダーン
Jacinda Ardern
Rt Hon Jacinda Ardern.jpg
NZ労働党プロフィール画像(2020年)
生年月日 (1980-07-26) 1980年7月26日(41歳)
出生地 ニュージーランドの旗 ニュージーランド ハミルトン
出身校 ワイカト大学
所属政党 ニュージーランド労働党
配偶者 クラーク・ゲイフォード(同棲)
子女 1人

内閣 アーダーン内閣
選挙区 ニュージーランド
当選回数 2回
在任期間 2017年10月26日 -
国王
総督
エリザベス2世
パツィー・レディ

ニュージーランドの旗 ニュージーランド労働党
第17代党首
在任期間 2017年8月1日 -
副党首 ケルビン・デイビス
テンプレートを表示

ジャシンダ・ケイト・ローレル・アーダーンJacinda Kate Laurell Ardern1980年7月26日 - )は、ニュージーランド政治家。第17代ニュージーランド労働党党首、2017年10月に第40代ニュージーランドの首相に就任した[1]

来歴[編集]

1980年7月26日ハミルトンに誕生する。父の勤務地モリンズビル、ベイ・オブ・プレンティ地方・ムラパラに育つ。叔母の勧めで10代でニュージーランド労働党へ入党する。

モリンズビル・カレッジ卒業後、ワイカト大学へ進学しコミュニケーション学政治学パブリック・リレーションズを学ぶ。学位は、学士(コミュニケーション学)。

2001年にワイカト大学を卒業しインターン生としてヘレン・クラーク(第37代ニュージーランド首相)、フィル・ゴフ(第13代ニュージーランド労働党党首、第2代オークランド市長)の事務所へ勤務する。ニューヨークでボランティア活動に従事した後、ロンドンへ渡り、インターン生としてトニー・ブレア元イギリス首相の事務所に勤務する。

2008年に国際社会主義青年同盟 (IUSY) 委員長に就任。

2008年の総選挙に立候補し、ワイカト選挙区で敗北するも比例復活し初当選。2011年、2014年の総選挙でも比例名簿入りし3期連続当選を果たす。2017年2月、デビッド・シアラーの政界引退に伴い行われたマウント・アルバート選挙区の補欠選挙に立候補し当選を果たす(4期目)。同年3月、労働党副党首を務めるアネット・キングが次期総選挙へ立候補せず政界引退を表明。これに伴い、アーダーンは労働党副党首に就任。同年8月、支持率低迷を理由にアンドリュー・リトル労働党党首が辞任し、第16代労働党党首に就任した[2]

アーダーン党首就任以降、労働党の支持率は急回復し、同年9月23日の総選挙で労働党は14議席を増やし46議席を獲得。しかし政権与党の国民党(56議席)には及ばず第2党に留まった。連立政権樹立へ向けた話し合いが行われ、同年10月19日、ニュージーランド・ファースト党ウインストン・ピータースは労働党との連立政権樹立に合意したことを発表。閣僚経験がなく、ニュージーランドの政治史150年の中で最年少の37歳3か月で首相に就任した[3]

2019年9月19日ラグビーワールドカップ2019開催時期に合わせて訪日。安倍晋三首相らと会談を行った[4]

アーダーンは、クライストチャーチモスク銃乱射事件後の2019年北京を訪問した際に、中国習近平総書記国家主席)と新疆ウイグル自治区におけるウイグル人抑圧について「私的」に話し合ったが、『ニューヨーク・タイムズ』は、ニュージーランドミルクワインなど多くの製品を中国に輸出していることから、アーダーンが経済的理由で新疆ウイグル自治区におけるウイグル人抑圧たらい回しにしていると非難している[5]

2020年3月、2019新型コロナウイルスの感染拡大局面において、外国人の入国禁止のほか国民の行動を制限する厳しい措置を採ったが、国民からの反発は限定的なものであり、同年10月17日に行われた総選挙では、労働党を率いて過半数の議席を獲得して勝利を収め、首相続投を確実なものとした[6][7]

人物[編集]

モルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会)の家庭で生まれ育ったが、同性愛者などLGBT当事者の友人らを支持する立場から、同性結婚の合法化に反対するといった結婚に対する保守的な立場を受け入れられず、20代前半にモルモン教の信仰から離れた[8]

家族[編集]

父のロス・アーダーンは元警察官で、2005年にニウエ警察長官に就任。2014年から在ニウエ・ニュージーランド高等弁務官(大使級)に就任。母はローレル・アーダーン。

夫クラーク・ゲイフォード(2017年)

ディスクジョッキー 兼 テレビ司会者のクラーク・ゲイフォード事実婚関係にあり、2019年4月に婚約[9]。2021年5月5日に夏を目処に正式に結婚することを自身が出演したラジオ番組で明かしている[10]

2018年1月に妊娠を発表。同年6月21日に第一子(女児)を出産。産後6週間は産休を取得し、その間は副首相のウインストン・ピータースが首相代行を務めた。同年8月2日に公務に復職し、世界で初めて首相在任中に産休を取得した政治家となった[11]

パドルズという名の猫を飼っていたが、2017年11月7日に死去した。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ NZ新首相、外資規制視野にTPP修正求める意向 移民削減へ REUTERS 2017-10-26
  2. ^ “37歳、一躍時の人に=NZ首相見通しのアーダーン氏”. 時事通信. (2017年10月19日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101901195&g=int 2017年10月20日閲覧。 
  3. ^ “Jacinda Ardern to be New Zealand's next PM after Labour coalition deal”. The Guardian (ガーディアン). (2017年10月19日). https://www.theguardian.com/world/2017/oct/19/jacinda-ardern-new-zealand-prime-minister-labour-coalition-deal-winston-peters 2017年10月20日閲覧。 
  4. ^ なぜ?安倍首相、ラグビージャージの背番号9に苦笑”. 毎日新聞 (2019年9月19日). 2019年9月19日閲覧。
  5. ^ Jane Perlez (2019年9月25日). “China Wants the World to Stay Silent on Muslim Camps. It's Succeeding.”. ニューヨーク・タイムズ. オリジナルの2019年9月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190925091138/https://www.nytimes.com/2019/09/25/world/asia/china-xinjiang-muslim-camps.html 
  6. ^ NZ総選挙、与党・労働党が単独過半数 首相続投確実に”. 日本経済新聞 (2020年10月17日). 2020年10月17日閲覧。
  7. ^ NZ総選挙、アーダーン首相の労働党圧勝 野党党首が敗北宣言”. AFP. 2020年10月17日閲覧。
  8. ^ ニュージーランド、議会の祈りからイエスの名と女王への言及を削除” (2017年11月15日). 2017年12月2日閲覧。
  9. ^ “NZのアーダーン首相、パートナーのゲイフォードさんとついに婚約 結婚へ”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年5月3日). https://www.afpbb.com/articles/-/3223488 2021年5月14日閲覧。 
  10. ^ “アーダーン首相がパートナーのゲイフォード氏と結婚へ。「花婿介添人は?」と聞かれ...”. AFPBB News. ハフポスト日本語版. (2021年5月5日). https://www.huffingtonpost.jp/entry/news_jp_60925ce9e4b09cce6c24a480 2021年5月14日閲覧。 
  11. ^ 国としての成熟の表れ? ニュージーランドのアーダーン首相が出産、現役首脳として初の産休へ” (2018年6月22日). 2018年7月29日閲覧。
公職
先代:
ビル・イングリッシュ
ニュージーランドの旗 ニュージーランド首相
第40代:2017年 -
次代:
(現職)
党職
先代:
アンドリュー・リトル
ニュージーランド労働党党首
第16代:2017年 -
次代:
(現職)