チャニャラル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャニャラル

Chañaral
チャニャラル広場
チャニャラル広場
チャニャラルの紋章
紋章
南緯26度20分40秒 西経70度37分19秒 / 南緯26.34444度 西経70.62194度 / -26.34444; -70.62194座標: 南緯26度20分40秒 西経70度37分19秒 / 南緯26.34444度 西経70.62194度 / -26.34444; -70.62194
チリの旗 チリ
アタカマ州の旗 アタカマ州
チャニャラル県
行政
 • 種別 基礎自治体
面積
 • 合計 5,772.4km2
標高
198m
人口
(2002年国勢調査)[2]
 • 合計 13,143人
 • 都市的地域
13,180人
 • 地方
363人
性別
 • 男性 6,968人
 • 女性 6,575人
等時帯 UTC-4 (CLT)
 • 夏時間 UTC-3 (CLST)
市外局番 56 + 52
気候区分 BWh
ウェブサイト www.munichanaral.cl

チャニャラル (スペイン語: Chañaral) は、チリアタカマ州にある海岸都市であり、チャニャラル県の県都。カラフルな町並みはあまり知られておらず、主にサンペドロ・デ。アタカマなどへ向かうための通過点となっている。町には高層建築物が全く存在しないことから、景観が損なわれずに残っている。近くの不毛の丘の上には、夜になると町に向かって光が灯る灯台があり、昼夜を問わず、町の狭い通りは活気がある。また、町は海に面しているが、銅鉱山によって海が汚染されているため、リゾート地としての開発はされていない[3][4][5]。町を少し北に行くと、パン・デ・アスカル国立公園がある。

歴史[編集]

1824年、ディエゴ・デ・アルメイダは、この地域に大量の銅が存在するのを発見し、チリで初めて鉱産物の輸出を開始した。このために1833年10月26日に町は設立され、当初は「チャニャラル・デ・ラス・アニマス (Chañaral de las Ánimas)」(「魂のソラマメの場所」の意)という名称だった。数年後、ペドロ・ルハンがエル・サラドで鉱石を発見すると、鉱山が建設された。1836年、資源が豊富で将来有望な場所として商用の港が建設された。1860年に、現在は宿泊施設のある場所にA・エドワーズ&カンパニーが設立され、町は好況となった。

地理と人口動態[編集]

以下は、国立統計研究所INE)の2002年国勢調査による[2]

  • 面積:5,772.4 km2 (2,229 sq mi)
  • 人口:13,543人
    • 男性:6,968人
    • 女性:6,575人
    • 増加率:-2.8%(393人) - 1992年〜2002年

チャニャラルの住民は、男性はチャニャラリーノ、女性はチャニャラリーナと呼ばれる。

行政[編集]

コムーネであるチャニャラルは、3番目の行政区分であり、4年ごとに直接選考される市長によって率いられ、市議会によって政治が行われている。2008年から2012年の市長は、Hector Volta Rojasである。議会は、次のメンバーによって構成される[1]

  • Carmen Rojas Cornejo (RN)
  • Isabel Ogalde Álvarez (PS)
  • Margarita Flores Salazar (PRSD)
  • Mary Álamos Gutiérrez (PDC)
  • Mery Schampke Galleguillos (PPD)
  • Omar Monroy López (PRI)
チャニャラルのファロ・デル・ミレニオ灯台

出典[編集]

  1. ^ a b Municipality of Chañaral” (スペイン語). 2010年9月2日閲覧。
  2. ^ a b c d National Statistics Institute” (スペイン語). 2010年9月8日閲覧。
  3. ^ J.C. Castilla (1983). “Environmental impact in sandy beaches of copper mine tailings at Chañaral, Chile”. Marine Pollution Bulletin (Elsevier Ltd.) 14 (12): 459–464. doi:10.1016/0025-326X(83)90046-2. 
  4. ^ J.A. Vasquez, B. Matsuhiro, M.A. Vega, L.M. Pardo, D. Veliz; Matsuhiro; Vega; Pardo; Veliz (2000). “The effects of mining pollution on subtidal habitats of northern Chile”. International Journal of Environment and Pollution 13 (1–6): 2–25. doi:10.1504/IJEP.2000.002330. http://inderscience.metapress.com/link.asp?id=7vnabq9t8xuvnmwp. [リンク切れ]
  5. ^ J.L. Stauber; S. Andrade; M. Ramirez; M. Adams; J.A. Correa (2005). “Copper bioavailability in a coastal environment of Northern Chile: Comparison of bioassay and analytical speciation approaches”. Marine Pollution Bulletin (Elsevier Ltd.) 50 (11): 1363–1372. doi:10.1016/j.marpolbul.2005.05.008. PMID 15993430. 

外部リンク[編集]