アメリカ地質調査所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ地質調査所
United States Geological Survey
US-GeologicalSurvey-Seal.svg
紋章
USGS logo green.svg
公式ロゴ
組織の概要
設立年月日 1879年3月3日
管轄 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国連邦政府
本部所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国バージニア州レストン
北緯38度56分49.5秒 西経77度22分3.4秒 / 北緯38.947083度 西経77.367611度 / 38.947083; -77.367611 (アメリカ地質調査所)
人員 9,055 (2011年)[1]
年間予算 $11.8億 (2011年度)[2]
上位組織 アメリカ合衆国内務省
ウェブサイト

アメリカ地質調査所(アメリカちしつちょうさじょ、: United States Geological Survey; USGS)は、アメリカ合衆国内務省の傘下にある研究機関である。水文学生物学地質学地理学の4つの主要な学問分野について、合衆国領内を中心に、自然景観天然資源、および同国を脅かし得るナチュラル・ハザード(自然現象)を対象とする調査・研究を行っており、同国の地形図および地質図の作成業務も担当している。

本部はワシントンD.C.に程近いバージニア州レストンに所在し、約9,055人の職員が勤務している[1]。また、コロラド州レイクウッドおよびカリフォルニア州メンローパークに主要な研究施設を有する。

歴史[編集]

アメリカ地質調査所本部ビル

全米科学アカデミーの諮問により、1879年3月3日に連邦議会でUSGSの設立が決議された。当時のアメリカはルイジアナ購入 (1803年) および米墨戦争 (1848年) により、ちょうど広大な領域を得たところであり、USGSの設立にあたっては、鉱物資源の探査や地質構造の調査に重点が置かれた。

その後、スミソニアン協会などとの連携によって、スミソニアン自然史博物館を開設した。この頃より、生物学・水文学などの研究部門が設けられる。

歴代所長[編集]

  • 1879–1881 クラレンス・キング
  • 1881–1894 ジョン・ウェズリー・パウエル英語版
  • 1894–1907 チャールズ・ドリトル・ウォルコット
  • 1907–1930 ジョージ・オーティス・スミス
  • 1930–1943 ウォルター・カラン・メンデンホール
  • 1943–1956 ウィリアム・エンブリー・ラザー
  • 1956–1965 トマス・ブレナン・ノラン
  • 1965–1971 ウィリアム・トマス・ペコラ
  • 1971–1978 ヴィンセント・エリス・マッケルビー
  • 1978–1981 ヘンリー・ウィリアム・メナード
  • 1981–1993 ダラス・リン・ペック
  • 1994–1997 ゴードン・P・イートン
  • 1998–2005 チャールズ・G・グロート
  • 2006–2009 マーク・マイヤーズ
  • 2009– マルシア・マクナット

業務内容[編集]

USGSでは、7つのテーマによりミッションを区分し[3]、以下に示すような複数の特定のプログラムとともに遂行する。

  • 地震ハザードプログラム: 世界中の地震活動を監視する。コロラド州ゴールデン英語版にある国立地震情報センター英語版は、全地球上で発生する地震の発生場所およびその規模を特定する。特に重大な地震に関しては、米国内外の地震関係当局や緊急時対応当局、メディア、公衆に対して、情報を提供する。また、科学的・工学的な研究のために、地震動データの長期的なアーカイブを維持・管理しているほか、地震災害に関する長期評価の調査および報告も担っている。
  • 火山ハザードプログラム: 合衆国領内の169の火山について防災向けの警報システムを構築している。
  • 国立地磁気プログラム: 磁力計を用いて得られた地磁気データを、リアルタイムで配信している。
  • 宇宙地質学研究プログラム: 地球物理学のみならず、NASAとの共同による惑星物理学の研究も盛んに行われ、サーベイヤー計画アポロ計画などで得られたデータを基にした月面図(月の地図)や、バイキング計画などで得られたデータを基にした火星図(火星の地図)などを作成している[4]

地形図の作成[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “Agency Financial Report FY 2011” (英語) (PDF) (プレスリリース), DOI, (2011年11月15日), p. 38, http://www.doi.gov/pfm/par/afr2011/AFR_FY2011_FINAL.pdf 2012年6月6日閲覧。 
  2. ^ “Agency Financial Report FY 2011” (英語) (PDF) (プレスリリース), DOI, (2011年11月15日), pp. 34, 37, http://www.doi.gov/pfm/par/afr2011/AFR_FY2011_FINAL.pdf 2012年6月6日閲覧。 
  3. ^ Start with Science (英語)
  4. ^ NASA/USGS Planetary Geologic Mapping Program (英語)

外部リンク[編集]