あらせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジオスペース探査衛星「あらせ」
(ERG)
所属 宇宙航空研究開発機構
公式ページ ジオスペース探査衛星「あらせ」(ERG)
国際標識番号 2016-080A
カタログ番号 41896
状態 運用中
目的 宇宙嵐による高エネルギー電子の生成・消失過程、宇宙嵐の発達過程
観測対象 ヴァン・アレン帯
計画の期間 1年以上
打上げ場所 内之浦宇宙空間観測所
打上げ機 イプシロンロケット2号機
打上げ日時 2016年12月20日 20:00(JST
軌道投入日 2017年1月7日[1]
物理的特長
衛星バス SPRINTバス
本体寸法 1.5 m x 1.5 m x 2.7 m
質量 約355 kg[2]
発生電力 700 W以上
姿勢制御方式 スピン安定方式
軌道要素
周回対象 地球
軌道 楕円軌道
近点高度 (hp) 460 km[1]
遠点高度 (ha) 32,110 km[1]
軌道傾斜角 (i) 31度[1]
軌道周期 (P) 565分[1]

あらせは、宇宙科学研究所2016年12月20日に打ち上げたジオスペース探査衛星である。命名前の通称は計画名のERGエルグ、英語: Exploration of energization and Radiation in Geospace)。

概要[編集]

ひさき(SPRINT-A)に続く小型科学衛星シリーズの2機目で、内之浦宇宙空間観測所からイプシロンロケットで打ち上げられた。地球近傍の放射線帯(ヴァン・アレン帯)における高エネルギー粒子の生成と消滅、磁気嵐の発達のメカニズムの解明のための観測を行う[2]

当初計画では2015年度に打ち上げ予定であったが、事前に予見し得なかった技術的課題の解決などを理由に、打ち上げ予定が2016年度に変更され[3]、2016年12月20日20時00分(日本標準時)に打ち上げられた[4]。これを受けてJAXAはERGの愛称として「あらせ」と命名した[4]。ERGが荒々しい高エネルギー粒子に満ちたヴァン・アレン帯という宇宙の「荒瀬」に漕ぎ出していく衛星であること、肝付町の「荒瀬川」に鳥の美しい鳴き声に関する伝説がありコーラス(宇宙空間に存在する周波数が数kHzの可聴帯の電磁波)を観測する本衛星にふさわしいことに由来する[4]

機体構成[編集]

衛星バスにはNECとJAXAが開発したSPRINTバスを採用する。機体重量は350kgである。コンピュータシステムのRTOSは、T-Kernel 2.0がベースの航空宇宙分野向け高信頼RTOS「T-Kernel 2.0 AeroSpace(T2AS)」である[5]

観測機器
  • 低エネルギー電子分析器(LEP-e)[6]
  • 低エネルギーイオン質量分析器(LEP-i)[6]
  • 中間エネルギー電子分析器(MEP-e)[6]
  • 中間エネルギーイオン質量分析器(MEP-i)[6]
  • 高エネルギー電子分析器(HEP)[6]
  • 超高エネルギー電子分析器(XEP)[6]
  • 磁場観測器(MGF)[6]
  • プラズマ波動・電場観測機器(PWE)[6]
  • ソフトウェア型波動粒子相互作用解析装置(S-WPIA)[6]

運用[編集]

計画・開発段階[編集]

  • 2007年度 - 戦略的開発研究経費により衛星系検討・基礎設計を実施
  • 2008年度 - ミッション提案(採択されず)
  • 2009年度 - ミッション再提案
    • 2009年8月5日小型科学衛星2号機候補として採択、プリプロジェクト化
  • 2012年8月 - ジオスペース探査プロジェクトとしてプロジェクト化
  • 2014年11月 - ミッション部総合試験開始
  • 2015年
    • 4月 - 一次噛合せ試験を実施(6月18日終了)
    • 10月 - フライトモデル総合試験開始

打ち上げ・観測[編集]

  • 2016年
    • 9月29日 - 相模原キャンパスで報道関係者向け機体公開を実施。
    • 10月3日 - 相模原キャンパスから内之浦宇宙空間観測所へ輸送開始。
    • 10月20日 - 内之浦宇宙空間観測所で報道機関向け機体公開を実施。
    • 12月20日 - 20時00分打ち上げ[4]、近地点高度約 214 km・遠地点高度約 32,250 km の楕円軌道に投入[1]。同日20時37分、サンチアゴ局で太陽電池パドルの展開が正常に行われたことを確認[4]
  • 2017年
    • 1月7日 - 軌道変更(近地点高度上昇)の完了を確認。近地点高度約 460 km、遠地点高度約 32,110 km の軌道に遷移する[1]
    • 1月16日 - プラズマ波動・電場観測機(PWE)を構成するワイヤーアンテナの伸展を確認[7]
    • 1月23日 - クリティカル運用期間を終了[8]
    • 3月29日 - 定常運用への移行を発表[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g ジオスペース探査衛星「あらせ」(ERG)の軌道変更運用(近地点高度上昇)の完了について”. JAXA (2017年1月13日). 2017年1月15日閲覧。
  2. ^ a b ジオスペース探査衛星「ERG」パンフレット (PDF)”. JAXA. 2017年2月6日閲覧。
  3. ^ 第15回宇宙科学・探査部会 資料1「宇宙科学・探査プロジェクトの検討状況について」”. JAXA (2014年8月27日). 2015年1月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e “ジオスペース探査衛星(ERG)の太陽電池パドル展開及び衛星の愛称について” (プレスリリース), JAXA, (2016年12月20日), http://www.jaxa.jp/press/2016/12/20161220_arase_j.html 2017年1月11日閲覧。 
  5. ^ 日野雄太 (2013年11月25日). “YRP、航空宇宙分野向けに信頼性を確保したリアルタイムOSを開発”. マイナビニュース. 2015年1月8日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i ジオスペース探査衛星「ERG」プレスキット (PDF)”. JAXA (2016年11月18日). 2017年1月11日閲覧。
  7. ^ ワイヤーアンテナの伸展完了について”. JAXA (2017年1月22日). 2017年1月22日閲覧。
  8. ^ “ジオスペース探査衛星「あらせ」(ERG)のクリティカル運用期間の終了について” (プレスリリース), JAXA, (2017年1月23日), http://www.jaxa.jp/press/2017/01/20170123_arase_j.html 2017年1月24日閲覧。 
  9. ^ ジオスペース探査衛星「あらせ」(ERG)の定常運用への移行について”. ISAS/JAXA (2017年3月29日). 2017年3月30日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

  • あけぼの(EXOS-D) - ISASが過去に打ち上げた磁気圏観測衛星。2015年4月23日の運用終了まで約26年運用された。