KSAT2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KSAT2
所属 鹿児島大学
主製造業者 鹿児島大学
公式ページ KSAT2
国際標識番号 2014-009G
カタログ番号 39578
目的 リチウムイオンバッテリとリチウムイオンキャパシタと組み合わせた新しい蓄電デバイスの宇宙での実証
大電力獲得衛星システムを宇宙で実証
打上げ機 H-IIAロケット23号機
打上げ日時 2014年2月28日
3時37分 (JST)
機能停止日 2014年5月18日
通信途絶日 2014年5月18日
運用終了日 2014年5月18日
停波日 2014年5月18日
消滅日時 2014年5月18日
物理的特長
本体寸法 112 x 12 x 113mm
質量 1.68kg
軌道要素
周回対象 地球
高度 (h) 400km
軌道傾斜角 (i) 65度

KSAT2ハヤトIIは鹿児島大学が製造した超小型衛星。2014年2月28日にH-IIAロケット23号機によって打ち上げられた。[1]

概要[編集]

衛星の追跡、パンタグラフ式ブームの展開、地上と衛星の信号同期など7項目の実験を目的として開発された。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 鹿児島産人工衛星「KSAT2(ハヤトⅡ)」がミッションを終了

外部リンク[編集]