SERVIS-3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SERVIS-3
所属 USEF → JSS
状態 開発中
目的 技術実証
打上げ日時 2013年度(予定)[1]
物理的特長
質量 約100kg

SERVIS-3英語: Space Environment Reliability Verification Integrated System 3実証衛星3号機)は、無人宇宙実験システム研究開発機構(USEF)と後継法人の宇宙システム開発利用推進機構(JSS)が開発している人工衛星である。2010年度から開発を開始した[2]

100kg級標準バスを使用した商用オフザシェルフコンポーネントの軌道上実証を目的としており、ミッション機器としては光学センサや放射線環境計測装置、民生部品・民生技術を利用した各種実験装置を搭載する予定[3]。実験装置としては無毒系スラスタ、SOI-SOC超小型衛星搭載コンピュータ、コントロールモーメンタムジャイロ(CMG)、光ファイバージャイロ、先端ミッションデータ保存装置、樹脂モールドダイオード、窒化ガリウムを利用した通信装置など、10品種以上を想定している[4]

また、SERVIS-3をベースとした100kg級光学地球観測衛星の開発可能性も検討されている[5]

出典[編集]

  1. ^ 無人宇宙実験システムの研究開発 (PDF)”. 2010年度USEF成果報告会. USEF (2010年12月3日). 2011年7月25日閲覧。
  2. ^ H22年度事業報告 (PDF)”. USEF. 2011年7月25日閲覧。
  3. ^ 平成23年度計画事業計画 (PDF)”. USEF. 2011年7月25日閲覧。
  4. ^ ものづくり産業振興 予算 事前評価 (PDF)”. 平成22年度政策評価. 経済産業省 (2010年8月31日). 2011年7月25日閲覧。
  5. ^ 日本型の複数衛星連携システムの実現に向けての展望 グローバルな利用拡大と健全な産業化に向けて (PDF)”. 2010年度USEF成果報告会. USEF (2010年12月3日). 2011年7月25日閲覧。

関連項目[編集]