OMOTENASHI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
OMOTENASHI
所属 宇宙航空研究開発機構
公式ページ 公式ウェブサイト
状態 運用中
目的 月面着陸の技術実証
観測対象 地磁気圏外かつ月遷移軌道における宇宙放射線環境
打上げ機 SLS Block 1
打上げ日時 2022年11月16日
通信途絶日 2022年11月16日
物理的特長
本体寸法 10×20×30 cm
質量 12.6 kg
発生電力 最大30W
主な推進器 コールドガスジェット
姿勢制御方式 三軸安定制御
軌道要素
軌道 月衝突軌道
搭載機器
D-Space 宇宙放射線による被曝量計測
テンプレートを表示
OMOTENASHIの地球周回軌道アニメーション
      地球 ·        OMOTENASHI  ·       月

OMOTENASHI (Outstanding MOon exploration TEchnologies demonstrated by NAno Semi-Hard Impactor)は、宇宙航空研究開発機構 (JAXA)が開発した月面着陸の技術実証目的のCubeSat

概要[編集]

スペース・ローンチ・システムの1号機に相乗りで打ち上げられた月面着陸技術実証機で、ロケットモータークラッシャブル材を使用したセミ・ハードランディングが予定されていた。

2022年11月16日、打ち上げ直後から地上と通信できず、11月22日に月着陸を断念したが[1]2023年3月ごろから太陽電池に光が当たり充電できる可能性があるとし、運用自体は今後も続けるとコメントしている[2]

設計[編集]

打上げ状態でのOMOTENASHIの大きさは、6UのCubeSatで12×24×37 cmである。宇宙機は月まで航行するためのオービティングモジュール(OM)、月面接近時に減速を行うロケットモーター(RM)、着陸モジュールであるサーフェスプローブ(SP)の3モジュールで構成されている。航行用の機器を搭載したオービティングモジュールを着陸前に切り離すことで、着陸機を軽量化し超小型衛星での月面着陸が可能になった。[3]

オービティングモジュールには太陽電池線量計、通信機、姿勢制御装置(リアクションホイール3台、太陽センサ4基、3軸ジャイロスタートラッカー)、RCSスラスター8基)が搭載されている。中央長手方向には結合したロケットモーターとサーフェスプローブを格納するための空間があり、分離レールと2種類のノン・エクスプローシブ・アクチュエータ(NEA)を備える。太陽電池はJAXAが開発した高効率の3接合薄膜型で、線量計は市販の携帯放射線線量計を改造したもの。通信機はPROCYONに搭載されたものをベースにさらに小型化したもので、原振に高精度な原子時計を使用しデータ通信前の信号補足・同期作業を簡略化している。姿勢制御装置ならびにRCSは輸入品を用いており、RCSの噴射ガスは無毒かつ不燃性の低圧液化ガスを用いる。NEAは発射時の振動に耐えるための高強度だが遅延時間の大きいものと、分離時に用いる遅延時間の小さいものを組み合わせている。[4][5][6]

ロケットモーターは固体式で、オビーティングモジュールからの分離とその後の着陸前減速に用いられる。点火システムには半導体レーザーを使用したレーザー点火システムを採用し、従来の電気着火方式で必要だった不意点火を防ぐ安全装置を省略している。[7]

サーフェスプローブは着陸時に潰れて衝撃を吸収するクラッシャブル材を介してロケットモータ頭部に接続される。ロケットモータと一体になったサーフェスプローブは、箱状のオービティングモジュールに長手方向に貫通して格納される。このサーフェスプローブにはリチウム金属1次電池計算機UHF送信器、3軸加速度計が搭載され、着陸成功時には着陸時の衝撃データを送信する。送信電波にUHF帯を用いることで、宇宙機からの電波をアマチュア無線家に受信させる狙いがある。なお当初はエアバッグも併用して着陸する計画だったが、アンテナ性能確保のためフライトモデルでは規定寸法に収めることができず膨張機能が省略され、外皮のみアンテナ保護目的で搭載されている。[4][5][8]

観測機器[編集]

科学観測機器としては唯一、宇宙放射線用の超小型線量計「D-Space」を搭載している。これは国立研究開発法人産業技術総合研究所千代田テクノル株式会社が共同開発した個人向けおよび環境線量計「D-シャトル」を改造したもので、2つのセンサによって銀河宇宙線陽子を区別した毎分被曝量をリアルタイムに計測することができる。D-Spaceの搭載により、地磁気圏外かつ月遷移軌道における宇宙放射線環境の計測機会を日本で初めて得ることになる。[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]