アルテミス1号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2019年に計画された概要図

アルテミス1号(あるてみすいちごう)はアルテミス計画の一番最初にあたるArtemis I(以前のExploration Mission-1)というミッションのこと。無人飛行試験として打ち上げられるオリオン宇宙船宇宙発射システム(SLS)ロケットのこともさす[1]。本ミッションでは月周回軌道への到達、6日間の月周回後、地球帰還までを無人機で検証することが目的[2]

打ち上げ予定[編集]

2021年10月28日時点では、2022年2月[3]アメリカ合衆国フロリダ州にある、NASAケネディ宇宙センター内にあるLC-39B発射台から打ち上げられる予定。[4]

脚注[編集]

  1. ^ Hambleton, Kathryn (2018年3月7日). “Around the Moon with NASA’s First Launch of SLS with Orion”. NASA. 2021年10月6日閲覧。
  2. ^ ついに完成!「アルテミス1」ミッションで打ち上げられる“オリオン宇宙船”のクルーモジュールが公開される”. sorae. 2021年10月7日閲覧。
  3. ^ NASA Launch Schedule” (英語). NASA. 2021年10月28日閲覧。
  4. ^ Hambleton, Kathryn (2018年3月7日). “Around the Moon with NASA’s First Launch of SLS with Orion”. NASA. 2021年10月6日閲覧。

外部リンク[編集]