SELENE-2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
月着陸探査機「SELENE-2」
所属 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
公式ページ 月着陸探査機「SELENE-2」
状態 計画中
目的 月軟着陸
観測対象
打上げ機 H-IIAロケット
打上げ日時 未定
物理的特長
姿勢制御方式 3軸姿勢制御
軌道要素
搭載機器

SELENE-2Selenological and Engineering Explorer-2セレーネ2)は宇宙航空研究開発機構月・惑星探査プログラムグループ(JSPEC/JAXA)が計画している月着陸探査機である。過去にはSELENE-BセレーネB)という名称も用いられた。かぐや打ち上げ以降はかぐや2かぐや2号等と称される場合もある。

目的[編集]

日本初の月面軟着陸(硬着陸はひてんで実施済)を行う計画であり、誤差100mという高精度での軟着陸を目指している。また、着陸機やローバーによる地質学的、惑星物理学的なその場観測を行い、月の表層や内部構造について調査を行うとしている。

経緯[編集]

1999年、SELENE計画(後のかぐや)のプロジェクト化と同時に、SELENEに続く月探査計画としてSELENE-IIの検討が開始された。これは当時SELENEに搭載予定であった月軟着陸機の次の段階として位置付けられ、月面小型天文台やクレーター中央丘等の地殻深部物質が露出している地域の地質調査を想定し、より高精度な月軟着陸を行うというものであった[1]

2000年8月30日宇宙開発委員会において、開発リスクの分散のために軟着陸機をSELENE計画から分離するという決定が下された[2]。これを受けて新たに月軟着陸実験のみを行う工学実験機として検討が開始されたのがSELENE-Bである。

2001年にはSELENE-II候補として検討されていた着陸機と探査車を用いた科学探査案がSELENE-Bにマージされた。

その後2004年にSELENE-Bは工学実験機として宇宙工学委員会へ提出されたものの、コストパフォーマンスが問題となり選定されなかった。このため、高精度月軟着陸実証の一部を小型月着陸実験衛星(後のSLIM)として計画から分離し[3]、従来の計画をSELENE-2と改名して推進することとなった。

JSPEC設立後の2007年6月にプリプロジェクト化される。

2013年に入り、本計画をアメリカのResource Prospectorチームと共同で実施する可能性が持ち上がった[4][5]。国際共同ミッションとして日本が月着陸機と推進モジュールを、アメリカが打ち上げとローバーを担当する方針が示されている[6]

2015年3月31日、JSPECは宇宙科学研究所に統合・解消された。

構成[編集]

最低限で着陸機と探査車を持つ。他にLUNAR-Aのペネトレータの搭載等も検討されている。

着陸機[編集]

探査車を搭載し月面軟着陸を行う。LUNAR-Aで開発された地震計を搭載し月震を観測するとともに、月面の採掘による土壌調査を行う予定である[7]

探査車[編集]

探査車については、車輪使用型と無限軌道使用型の2つの候補が検討されている。超音波モータを用いたマニピュレータ分光カメラ等が搭載される予定である。

一つはJAXA研究開発本部(ARD/JAXA)が開発を進めているライトクローラである。4つのクローラを装備した雪上車によく似た駆駆動系をもつ。ステンレス製の板バネをふんだんに使用することで軽量化に成功、月面での低圧走行を可能としている[8]

もう一つはJAXA宇宙科学研究所(ISAS/JAXA)が明治大学中央大学と共同で開発を進めているMicro5という5輪小型探査車の発展型である。ペガサスシステムと呼ばれる機構を採用しており、2分割の機体と5つの車輪によって十数cmの壁を乗り越えることが可能な高い走破性能を有している[9]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 1999年度月惑星シンポジウム 次期月探査機の高精度着陸技術についての概念検討 - 川勝康弘, 岩本祥広, 金子豊, 板垣春昭, 久保田孝, 中谷一郎
  2. ^ ISAS 平成13年度 年次要覧 概要
  3. ^ 「れいめい」成果報告会 小型月着陸実験衛星 - 橋本樹明, 月惑星表面探査技術(STEPS)ワーキンググループ有志
  4. ^ 目指すは月。世界初のピンポイント着陸へ!?”. 三菱電機 (2014年6月9日). 2015年11月30日閲覧。
  5. ^ Paul D. Spudis (2014年7月28日). “Prospecting the Moon’s Poles”. Air and Space Magazine. 2015年11月30日閲覧。
  6. ^ Tatsuaki Hashimoto, Takeshi Hoshino, Satoshi Tanaka, Hisashi Otake, Hitoshi Morimoto, Masatsugu Otsuki, Sachiko Wakabayashi, and Koichi Masuda (2015年5月16日). “Moon Surface Exploration in Japan (PDF)”. 46th Lunar and Planetary Science Conference. 2015年11月30日閲覧。
  7. ^ NLSI Lunar Science Conference 2008 Poster Session #2044 The Next Japanese Lunar Mission, SELENE-2: Present Status and Science Objectives. - S. Tanaka, T. Hashi-moto, T. Hoshino, T. Okada, M. Kato
  8. ^ ロボコンマガジン No.59 特集:宇宙ロボット最前線! 次期月探査ミッション「SELENE-2」のローバ
  9. ^ European Geosciences Union General Assembly 2007 Japanese Rover Test-bed for Lunar Exploration - Takashi Kubota, Yasuharu Kunii, Yoji Kuroda, Masatsygu Otsuki

関連項目[編集]

外部リンク[編集]