さくら3号a

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さくら3号a
所属 NASDA
公式ページ NASDA
国際標識番号 1988-012A
カタログ番号 18877
目的 通信衛星
打上げ機 H-Iロケット3号機
打上げ日時 1988年2月19日
運用終了日 1995年11月30日
物理的特長
本体寸法 φ2.12 m × 3.56 m
質量 650 kg
軌道要素
周回対象 地球
軌道 静止軌道
静止経度 東経132度
通信機器
準ミリ波(30/20GHz)通信用中継器 10チャンネル
マイクロ波(6/4GHz)中継器 2チャンネル

さくら3号a (CS-3a) は、宇宙開発事業団 (NASDA) が打ち上げた静止通信衛星である。

打ち上げ[編集]

昭和63年(1988年)2月19日にH-Iロケット3号機で種子島宇宙センターから打ち上げられた。

目的[編集]

離島を含む国内の中継回線や臨時通信回線の確保、多様化する通信需要に対処すること及び通信衛星に関する技術の開発を目的とした。

軌道[編集]

近地点距離 200 km、遠地点距離 36755 km、軌道傾斜角 28.3 度、周期 650 分のトランスファ軌道へ投入された後、1988年2月21日にアポジモータに点火して、東経132度の静止軌道へ投入された。

特徴[編集]

実用衛星としては世界で初めてガリウム砒素太陽電池を採用した。 また、バッテリ容量を増加させたため、蝕期間でも全ての中継器を使用した通信が可能になった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]