ルナ17号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルナ17号
所属 ソビエト連邦
国際標識番号 1970-095A
カタログ番号 04691
状態 運用終了
目的 探査
観測対象
設計寿命 3か月
打上げ機 プロトンロケット(8K82K/11S824)
打上げ日時 1970年11月10日
軌道投入日 1970年11月15日
軟着陸日 1970年11月17日
運用終了日 1971年10月4日
質量 5600kg
搭載機器
カメラ 周囲の地形を撮影
土壌調査装置 機械的性質を調査
X線スペクトル計 X線のスペクトルを分析
X線望遠鏡 X線による天体観測
宇宙線検出器 飛来する宇宙線を検出
ルナ17号の全体

ルナ17号(ロシア語:Луна-17、ラテン文字表記の例:Luna 17)はソビエト連邦が打ち上げた無人月探査機1970年11月17日に着陸し、世界初の月面車ルノホート1号による調査を11か月間行った。

設計[編集]

ルナ17号は降下ステージと月面車の2つのユニットから構成されていた。

降下ステージはルナ16号と共通しており、逆噴射ロケットを用いて探査機全体が4本の脚で軟着陸できるように設計された。月面車ルノホート1号はその上に乗せられた。ルノホートの本体はのような形をした与圧容器だった。観測装置としては、4台のテレビカメラ、土壌の機械的性質を調べる装置、X線スペクトル計、X線望遠鏡、宇宙線検出器などを載せた。上部には展開式の太陽電池パネルを装備し、3か月間の活動を想定した。

探査機全体での重量は推進剤込みで5.6トンほどであった。

ミッション[編集]

1970年11月10日、ルナ17号はバイコヌール宇宙基地からプロトンロケットによって打ち上げられた。探査機は宇宙待機軌道を経て月へ向かう軌道に乗った。11月15日、ルナ17号は月周回軌道に入った。

11月17日には月周回軌道から離れ、探査機は雨の海に軟着陸した。降下ステージに備えられたスロープが展開され、ルノホート1号が月面に降り立った。

その後、ルノホート1号による観測は予定の3か月を超えて続けられたが、1971年10月4日に計画の終了が発表された。ルノホートの総移動距離は10.54kmで、この間に2万枚の写真、200枚のパノラマ写真が撮影され、500回以上の土壌の調査が行われた。

ミッション後[編集]

通信途絶後の消息は永らく不明であったが、NASAの月観測衛星による写真撮影により、その位置が確認された。その情報に基づき、ニューメキシコ州の天文台から発せられたレーザー光に2000フォトンの反射光を返して来た。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Luna 17” (英語). NASA - NSSDC. 2008年5月30日閲覧。