MBSat

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

MBSat (Mobile Broadcasting Satellite) は、2004年3月米フロリダ州ケープカナベラル空軍基地からAtlas IIIAロケットにより打ち上げられた共同利用の移動体向け放送衛星

東経144度、高度約36,000kmに位置する静止衛星である。日韓の放送会社が共同所有しモバイル用途に特化した(デジタルテレビ(衛星DMB)、デジタルラジオDAB)放送を提供している。(日本:モバイル放送株式会社(MBCO)(サービス名モバHO!)。韓国:SKテレコム

特徴として受信側である携帯端末はアンテナの大型化が困難であるため、出力側が1215Wもの高出力電力増幅器を装着し、電波を発信している。

電波は2630 - 2655MHzの25MHz帯のSバンド周波数を使用し、直接届かないエリアへの対策としてギャプフィラーと呼ばれる再送信設備に対してKuバンド14GHz帯 (13.824 - 13.883GHz) を使い、同時送信も行っている。

なお、この衛星放送は日韓で同じ周波数を使用しており、混信回避のために日本は左旋円偏波、韓国は右旋円偏波を使用する。日本向けサービスは2009年3月31日15時 (JST) に終了した。詳細はモバHO!のページを参照。また、韓国でも2012年8月末をもってサービスを終了した。