ぎんれい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ぎんれい
所属 信州大学
公式ページ / ぎんれい
状態 運用終了
目的 可視光通信の実証
打上げ機 H-IIAロケット23号機
打上げ日時 2014年2月27日
午前3時37分 (JST)
機能停止日 11月25日[1]
通信途絶日 11月25日
運用終了日 11月25日
停波日 11月25日
消滅日時 11月25日
物理的特長
本体寸法 398 x 398 x 445mm
質量 32.9kg
軌道要素
周回対象 地球
高度 (h) 400km
軌道傾斜角 (i) 65度

ぎんれい(ShindaiSat)は信州大学の学生が作成した超小型可視光通信実験衛星2014年2月27日H-IIAロケット23号機によってピギーバック方式で打ち上げられた。

概要[編集]

可視光通信の実証を目的として開発された。

愛称は全国より4038点の中から選ばれた。[2]

JAXAのH-IIA23号機の相乗り衛星に選ばれ、2014年2月27日に打ち上げられた。 地上から衛星上の可視光線の点滅が確認された。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 信州大学「ぎんれい」プロジェクト
  2. ^ 愛称は「ぎんれい」に決定しました
  3. ^ 夜空に輝くFITSAT-1

外部リンク[編集]