KAIST

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KAIST
카이스트
한국과학기술원
甲川からのKAIST
甲川からのKAIST
大学設置 1981年
創立 1971年
学校種別 国立
設置者 大韓民国未来創造科学部
本部所在地 大韓民国大田広域市儒城区
キャンパス 大徳(大田広域市儒城区
洪陵(ソウル市東大門区
ウェブサイト KAIST公式サイト
KAIST
各種表記
ハングル 카이스트
한국과학기술원
漢字 카이스트
韓國科學技術院
平仮名
(日本語読み仮名)
かいすと
かんこくかがくぎじゅついん
片仮名
(現地語読み仮名)
カイストゥ
ハングックァハッキスロン
英語表記: Korea Advanced Institute of Science and Technology
テンプレートを表示

KAIST(カイストゥ、英称:Korea Advanced Institute of Science and Technology)は、大韓民国大田広域市儒城区に本部を置く大韓民国国立大学である。1981年に設置された。

韓国の国立大学法人のひとつ。大田広域市の本部の他に分院もある。旧称は韓国科学技術院(かんこくかがくぎじゅついん)。未来創造科学部(旧科学技術部)所管。

KAIST設立の背景は、高度科学技術人材を輩出する体系的な理工系大学院を国内に設立する必要性、海外への頭脳流出の抑制等であり、国内初の研究中心の理工系大学院として発足した。KAISTは韓国科学技術院法に基づき設置された法人であり、その設立目的は同法第1条に次のように規定されている[1]

  • 深い理論と実際的な応用力とで国の産業の発展に寄与する高度科学技術人材の養成
  • 国の政策で推進する中長期的な研究開発と国の科学技術力の涵養のための基礎・応用研究の実施
  • 各分野の研究機関及び産業界と連携した研究の支援

イギリスの国際高等教育情報機関クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds)によるアジア大学評価ランキングでは、2014年調査で2位。(1位はシンガポール国立大。日本で最上位は10位の東京大学。)[2]

歴史[編集]

  • 1971年 前身となる韓国科学院(KAIS)が設置される(修士課程・博士課程のみ)。
  • 1981年 韓国科学院と韓国科学技術研究所(KIST)が統合され、韓国科学技術院(KAIST)として設立される。
  • 1989年 韓国科学技術院(KAIST)から韓国科学技術研究所(KIST)が分離される。
  • 1989年 学士課程を持つ韓国科学技術大学を統合(1990年に第一回の学士を輩出)。
  • 2008年 対外公式名称が韓国科学技術院からKAISTに変更される。

組織[編集]

  • 自然科学大学
    • 物理学科
    • 数理科学科
    • 化学科
    • ナノ科学技術大学院
  • 生命科学技術大学
    • 生命科学科
    • バイオ及び脳工学科
    • 医科学大学院
  • 工科大学
    • 機械航空システム学部
      • 機械工学専攻
      • 航空宇宙工学専攻
      • 海洋システム工学専攻
    • 建設及び環境工学科
    • 生命化学工学科
    • 新素材工学科
    • 原子力及び量子工学科
    • EEWS大学院[3]
    • チョ・チョンシク[4] グリーン交通大学院
  • 情報科学技術大学
    • 電気及び電子工学科
    • コンピューター学科
    • 情報通信学科
    • 産業及びシステム工学科
    • 知識サービス工学科
    • 産業デザイン工学科
    • ウェブサイエンス工学専攻
    • 情報保護大学院
  • 人文社会融合科学大学
    • 人文社会科学科
    • 技術経営学科
    • 文化技術大学院
    • 未来戦略大学院
    • 科学技術政策大学院
  • 経営学部
    • 経営工学部
    • テクノ経営大学院
    • 金融専門大学院
    • 情報メディア経営大学院
    • グリーン成長大学院

脚注[編集]

  1. ^ KAISTウェブサイト
  2. ^ QS University Rankings: Asia 2014
  3. ^ EEWSは、Energy(エネルギー)、Environment(環境)、Water(水)、Sustainability(持続可能性)を指す。
  4. ^ KAISTに寄付した人物。この寄付金でグリーン交通大学院が設立された。