SEEDS (人工衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SEEDS
所属 日本大学
公式ページ [1]
国際標識番号 2008-021J
カタログ番号 32791
状態 打ち上げ失敗
目的 アマチュア無線
打上げ機 ドニエプル
打上げ日時 2006年7月27日 (JST)
消滅日時 2006年7月27日
物理的特長
本体寸法 10 cm x 10 cm x 10 cm
質量 1 kg
SEEDS 2号機
所属 日本大学
公式ページ [2]
国際標識番号 2008-021J
カタログ番号 32791
状態 運用中
目的 アマチュア無線
打上げ機 PSLV
打上げ日時 2008年4月28日 (JST)
軌道投入日 2008年4月28日
物理的特長
本体寸法 10 cm x 10 cm x 10 cm
質量 1 kg
軌道要素
周回対象 地球
軌道 太陽同期軌道[1]
高度 (h) 616 - 634km[2]
軌道傾斜角 (i) 98度[2]
軌道周期 (P) 97.2分[2]

SEEDS (シーズ)はCubeSatプロジェクトの一環として日本大学が開発したアマチュア無線衛星である。2006年に1号機が打ち上げに失敗し、2008年に予備機が2号機として打ち上げられた。

概要[編集]

  • サイズ:10 × 10 × 10 cm
  • 重さ:1 kg

アマチュア無線等を使った学生の研究を目的としている。

SEEDS1号機[編集]

2006年7月27日4時34分(日本時間)、ドニエプルによりカザフスタン共和国バイコヌール宇宙基地から打ち上げられたが、打ち上げ74秒後に第1段エンジンが停止し、墜落した。これによりSEEDS1号機は破壊され軌道上には到達しなかった。

SEEDS2号機[編集]

前回の1号機の予備機として製作されていたものにSSTV信号による画像データの送信等機能を追加改良を加えたもの。2008年4月28日12時53分にインドサティシュダワン宇宙センターよりPSLVロケットにより打ち上げられ打ち上げから18分45秒後、高度約630キロメートルでロケットから切り離され、太陽同期軌道に乗り打ち上げは成功した。

2013年現在も運用は続いている[3]

地上局[編集]

日本大学理工学部航空宇宙工学科アマチュア無線局(緯度:+35.725° 経度:+140.056944°海抜高度:約50m)

参考文献[編集]

  1. ^ SEEDS(シーズ)2号機について”. 日本大学. 2013年7月19日閲覧。
  2. ^ a b c SEEDS”. NASA NSSDC. 2013年7月19日閲覧。
  3. ^ SEEDS weblog”. 日本大学. 2013年7月19日閲覧。

外部リンク[編集]

日本大学による公式ページ