太陽同期軌道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

太陽同期軌道(たいようどうききどう、英語: Sun-synchronous orbit、略称:SSO)は、極軌道の一種で、地球のそれの場合、平均すると地球の公転と同期するように軌道面が変化するため、太陽光線と軌道面とのなす角がほぼ一定となる、という特徴がある。

軌道傾斜角が95度以上の、地球の自転に対してやや逆行した軌道である。一般に軌道傾斜角がぴったり90度の場合、軌道面が変化するような理由は何もないから、常に天球に対して一定の軌道面となる。それに対し、軌道傾斜角を95度以上とした(だいたい97度から100度の)軌道なのであるが、そうすると、地球が厳密には真球ではなくわずかに赤道がふくらんだ回転楕円体であるため、地球のふくらみの衛星に近い側による重力の影響のほうが大きく、引かれる向きがわずかに地球の中心方向からずれた向きになり、それが結果として軌道面を変えさせるような働きをする。

地球が周期一年で太陽の周りを公転するのに平均すると一致して、衛星が地球の周りを公転する軌道が描く平面、つまり軌道面が、地軸の周りを年一回の周期で回転する軌道なのである。

地球側から見ると、太陽と太陽同期軌道とは位置関係が年間を通じて毎日同時刻に一定となっているように見える。衛星側から地球を見ると太陽光の入射角が常に同じになる。すなわち、同一条件下での地球表面の観測が可能となる。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]