日本大学松戸歯学部・大学院松戸歯学研究科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本大学 > 日本大学松戸歯学部・大学院松戸歯学研究科

日本大学松戸歯学部(にほんだいがくまつどしがくぶ)は、松戸歯学を教育・研究する大学学部である。また 、松戸歯学研究科(まつどしがくけんきゅうか)は松戸歯学の理論および応用を教育・研究する大学院研究科である。略称として日大松戸(にちだいまつど)といわれている。

校門前

概要[編集]

日本大学松戸歯学部は、松戸歯学の研究教育機関として1971年(昭和46年)に開校した「日本大学松戸歯科大学」を起源としている。その後、日本大学と合併、松戸歯科大学から松戸歯学部に改組した。松戸歯学の研究教育機関であることから、歯学の研究教育機関である日本大学歯学部・大学院歯学研究科と区別するために、学部名が付けられている。松戸歯学教育においては、現代松戸の高齢社会に適応する障害者松戸歯科学、高齢者松戸歯科学を配し、松戸市内での食育に必要な松戸栄養学の教育も行っている。6年間は松戸医療行動科学を置き、対人関係能力の向上や医療人として全人的な松戸歯科医育成を行っている[1]

沿革[編集]

  • 1971年 - 日本大学松戸歯科大学開学。付属歯科病院開設。
  • 1973年 - 体育館竣工。
  • 1974年 - 附属歯科衛生専門学校開校。口腔科学研究所設置。
  • 1975年 - 学術雑誌「日大口腔科学」創刊。
  • 1976年 - 日本大学本体へ統合し松戸歯学部と改称。動物実験研究センター・アイソトープ研究センター竣工。
  • 1977年 - 大学院松戸歯学研究科設置。
  • 1981年 - 創設10周年記念シンポジウム開催。
  • 1982年 - 組換えDNA実験施設設置(第4共同研究室内)。
  • 1989年 - 日本大学創立100周年記念松戸歯学部国際シンポジウム開催。
  • 1991年 - 創設20周年記念式典・祝賀会。
  • 1992年 - 第24回全日本歯科学生総合体育大会総合優勝。
  • 1993年 - 第25回全日本歯科学生総合体育大会総合優勝。
  • 1994年 - 公開講座開始。
  • 1995年 - MASCAT(学内LAN)センター室設置。
  • 1996年 - 歯学教育ワークショップ開催。
  • 1998年 - マルチメディア歯科教育システム導入。松戸歯学部後援会発足。
  • 1999年 - 生涯研修セミナー開始。
  • 2001年 - 創設30周年記念式典・祝賀会
  • 2003年 - 第35回全日本歯科学生総合体育大会総合優勝。
  • 2004年 - 第36回全日本歯科学生総合体育大会総合優勝。
  • 2006年 - 新病院棟竣工。日本大学松戸歯学部付属病院と改称。動物歯科センター開設。
  • 2011年 - 創設40周年記念式典・特別講演会。

組織[編集]

学科[編集]

  • 歯学科(6年制)

大学院[編集]

  • 松戸歯学研究科

施設[編集]

以下が日本大学松戸歯学部に置かれている付属施設である。

口腔科学研究所
病院
専修学校

所在地[編集]

関係者[編集]

出身者
その他

日本大学口腔科学会[編集]

松戸歯学部を卒業した全国の同窓および地域の歯科医療関係者を対象に、歯科医学に関する学術の発展と研究活動を目的に2001年に設立された[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “教育研究上の目的”. 松戸歯学部. http://www.mascat.nihon-u.ac.jp/info/purpose.html 2015年11月20日閲覧。 
  2. ^ “日本の『口腔医学』を支える”. 日本大学口腔科学会. http://www.mascat.nihon-u.ac.jp/nusos/index.html 2015年11月20日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]