INVADER (人工衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
INVADER
所属 多摩美術大学
主製造業者 多摩美術大学東京大学共同開発
公式ページ 芸術衛星 INVADER
国際標識番号 2014-009F
カタログ番号 39577
目的 芸術作品に利用することを主目的
打上げ機 H-IIAロケット23号機
打上げ日時 2014年2月28日
3時37分 (JST)
機能停止日 2014年9月2日
通信途絶日 2014年9月2日
運用終了日 2014年9月2日
停波日 2014年9月2日
消滅日時 2014年9月2日9時47分
物理的特長
本体寸法 10cm3
質量 約1.8kg
軌道要素
周回対象 地球
高度 (h) 378km
軌道傾斜角 (i) 65度
テンプレートを表示

INVADER多摩美術大学東京大学が製造した超小型衛星。2014年2月28日にH-IIAロケット23号機によって打ち上げられた。[1]

概要[編集]

人工衛星を“宇宙と地上を結ぶメディア”として捉えた世界初の芸術衛星である。衛星から送られてくるデジタルデータにインターネットを介してアクセスすることで、衛星の状態を示すデータに連動したアート作品の制作などを行う予定とされた[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]