BSAT-3a

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BSAT-3a
所属 放送衛星システム
主製造業者 ロッキード・マーティン
公式ページ [1]
国際標識番号 2007-036B
カタログ番号 32019
状態 運用中
目的 衛星放送
設計寿命 13年以上
打上げ場所 ギアナ宇宙センター
打上げ機 アリアン5
打上げ日時 2007年8月15日
8時44分 (JST) [2]
物理的特長
質量 927.0 kg
発生電力 2800.0 W
姿勢制御方式 三軸姿勢制御
軌道要素
周回対象 地球
軌道 静止軌道
静止経度 東経110度

BSAT-3aとは放送衛星システムが所有するBSデジタル用の放送衛星である。メーカはロッキード・マーティンで、2007年8月15日アリアン5ロケットにより打ち上げられた。

2007年11月1日から、BSAT-1aBSAT-1bに代わりBSアナログ放送の送信に使用されているほか、アナログハイビジョン放送の終了により空いたBS-9chを用いたBSデジタル放送の送信に使用されている。2008年9月11日からは、トラブルが生じたBSAT-2cに代わり同衛星によるBS-1,3,13,15chを用いたBSデジタル放送の送信にも使用されている。

2011年10月1日からは、BSAT-3bBSAT-3cに役割を譲り予備衛星となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]