GRUS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
GRUS
公式ページ 公式ウェブサイト
状態 開発中
目的 地球観測
観測対象 地球
物理的特長
質量 約80kg
軌道要素
周回対象 地球

GRUS(グルース)はアクセルスペースによって開発中の地球観測衛星である。50機の衛星による編隊飛行により、高頻度で地表を観測する。解像度は2.5mを予定する。[1]

概要[編集]

2017年に3機の衛星を打ち上げて同じ地点を1日1回撮影する体制を構築予定。開発と打ち上げ費用に1機5億円かかるとされる[1]。従来の地球観測衛星の場合、解像度は高いが、撮影頻度は月に数回という頻度だったが、複数の衛星を用いることにより、撮影頻度を高める[1]ほどよしで培ったノウハウを元に開発して当初の予定では3機で最終的には50機での体制を目指す[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 超小型衛星でコストを1/100に下げ、 誰もがアクセスできる宇宙を実現していきます

外部リンク[編集]