みどり (人工衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
地球観測プラットフォーム技術衛星「みどり(ADEOS)」
ADEOS I satellite.png
所属 NASDA(現JAXA
公式ページ 地球観測プラットフォーム技術衛星「みどり(ADEOS)」
国際標識番号 1996-046A
カタログ番号 24277
状態 運用終了
目的 地球観測
設計寿命 3年
打上げ機 H-IIロケット4号機
打上げ日時 1996年8月17日
10時53分(JST)
運用終了日 1997年6月30日
物理的特長
本体寸法 4×4×5m
太陽電池パドル:約3×26m
質量 約3,560kg
姿勢制御方式 三軸姿勢制御方式(ゼロモーメンタム)
軌道要素
軌道 太陽同期準回帰軌道
高度 (h) 約800 km
軌道傾斜角 (i) 約98.6度
軌道周期 (P) 約101分
回帰日数 41日

みどり日本地球観測プラットフォーム技術衛星Advanced Earth Observing Satellite、略称:ADEOS)で、1996年(平成8年)8月17日10時53分に種子島宇宙センターよりH-IIロケット4号機で打ち上げられた。

みどりは、地球温暖化オゾン層の破壊、熱帯雨林の減少、異常気象の発生等の環境変化に対応した観測データを取得するとともに、次世代観測システムに必要なデータ収集、軌道間データ中継技術等の開発を行うことを目的とした衛星である。

多くの新規技術が取り入れられており、運用による成果が期待されたが、打ち上げ後約6ヶ月で太陽電池パドルの破断により機能を停止。運用が断念された。

「みどり」の主要装備[編集]

日本の観測装置[編集]

OCTS 海色海温走査放射計
海洋の水色及び水温を高頻度、高感度で観測する装置。NASDA (宇宙開発事業団)が開発。
AVNIR 高性能可視近赤外放射計
高分解能で陸域、沿岸域を観測する装置。NASDAが開発。
IMG 温室効果気体センサ
大気中の温室効果ガスの分布の測定を行う装置。通商産業省が開発。
ILAS 改良型大気周縁赤外分光計
極域における大気の微量成分の高度分布の測定を行う装置。環境庁が開発。
RIS 地上・衛星間レーザ長光路吸収測定用リトロリフレクタ
地上極上空のオゾン、フロン、二酸化炭素等の濃度測定を行う装置。環境庁が開発。

アメリカの観測装置[編集]

NSCAT 散乱計
海上風の風向、風速の測定を行う装置。NASA (アメリカ航空宇宙局)らが開発。
TOMS オゾン全量分光計
オゾン量及び二酸化硫黄の分布の測定を行う装置。NASA らが開発。

フランスの観測装置[編集]

POLDER 地表反射光観測装置
地球表面や大気で反射される太陽光の測定を行う装置。フランス国立宇宙開発センターが開発。

関連項目[編集]