勝浦宇宙通信所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯35度12分33.6秒 東経140度18分3.5秒 勝浦宇宙通信所(かつうらうちゅうつうしんじょ)は千葉県勝浦市に位置する、独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の施設。人工衛星の追跡・管制を主な業務としている。

概要[編集]

勝浦宇宙通信所は1968年2月、科学技術庁宇宙開発推進本部の「勝浦電波追跡所」として発足した[1]。1969年10月、宇宙開発推進本部が発展し、宇宙開発事業団(NASDA)が設立されるとともに、勝浦宇宙通信所もNASDA所属の施設となった[1]

人工衛星の追跡と管制を主な業務としている。具体的には打ち上げられた人工衛星からの電波を受信し、人工衛星の軌道や位置、姿勢、搭載している電子機器の監視を行い、状況に応じて衛星に対するコマンド電波を送信する。

展示室は年中無休、入館料無料で入ることができ、「科学技術週間」および「宇宙の日」には施設の特別一般公開が毎年行われている[2]

総敷地面積は約5.4万m2[3]

設備[編集]

  • 広報用アンテナ[3]
  • 新GN送受信アンテナ[3]
  • USB (F)-1送信棟[3]
  • USB (F)-2送信棟[3]
  • 追跡管制棟[3]

追跡管制を行っている衛星[編集]

  • 技術試験衛星Ⅷ型「きく8号」(ETS-Ⅷ)[4]
  • 赤外線天文衛星「あかり」(ASTRO-F)[4]
  • 超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)[4]
  • 陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)[4]
  • 太陽観測衛星「ひので」(SOLAR-B)[4]
  • 温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)[4]
  • データ中継技術衛星「こだま」(DRTS)[4]
  • 第一期水循環変動観測衛星(GCOM-W1[4] - 2011年度打上げ予定

参考文献[編集]

  1. ^ a b 勝浦宇宙通信所 施設概要”. JAXA. 2011年3月6日閲覧。
  2. ^ 勝浦宇宙通信所 施設見学・ツアー”. JAXA. 2011年3月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 勝浦宇宙通信所”. JAXA 統合追跡ネットワーク技術部. 2011年3月6日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 勝浦宇宙通信所リーフレット (PDF)”. JAXA. 2011年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]