いぶき2号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
温室効果ガス観測技術衛星2号
「いぶき2号(GOSAT-2)」
所属 宇宙航空研究開発機構(JAXA), 国立環境研究所(NIES)
国際標識番号 2018-084B
カタログ番号 43672
状態 運用中
打上げ機 H-IIAロケット 40号機
打上げ日時 2018年10月29日**時**分
物理的特長
本体寸法 5.8 m x 2.0 m x 2.1 m
最大寸法 16.5m(太陽電池パドル翼端間)
質量 1800 kg
発生電力 5,000 W
軌道要素
軌道 太陽同期準回帰軌道
高度 (h) 613km
軌道傾斜角 (i)
    • .**度
軌道周期 (P)
回帰日数 6日
観測機器
TANSO-FTS-2 温室効果ガス観測センサ2型
TANSO-CAI-2 雲・エアロソルセンサ2型
テンプレートを表示

いぶき2号(いぶき2ごう、GOSAT-2 : ゴーサット-2Greenhouse gases Observing SATellite-2)は、環境省国立環境研究所(NIES)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で開発した温室効果ガス観測技術衛星地球温暖化の原因とされている二酸化炭素メタンガスなどの温室効果ガスの濃度分布を宇宙から観測する。