日本大学大学院知的財産研究科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

日本大学大学院知的財産研究科(にほんだいがくだいがくいんちてきざいさんけんきゅうか、Graduate School of Intellectual Property Nihon University)は、日本大学法学部キャンパス内に併設する知的財産を研究する専門職大学院である。2017年度以降をもって学生募集を停止した[1]

概要[編集]

2010年(平成22年)に設置された。日本大学法学部がある三崎町キャンパスに日本大学大学院法務研究科と一緒に置かれていた独立大学院であったが、志願者の減少により2017年度をもって学生募集を停止した。

知的財産研究科[編集]

アクセス[編集]

所在地
最寄り駅
  • 水道橋駅
    • JR総武線か中央線を利用 東口出口 徒歩3〜5分
    • 都営三田線 A2出口 徒歩3〜6分
  • 神保町駅
    • 東京メトロ半蔵門線又は、都営三田線か新宿線を利用 A4出口 徒歩5~8分

脚注[編集]

  1. ^ “【重要なお知らせ】 日本大学大学院知的財産研究科の2017年度からの学生募集停止について”. http://nihon-u-gs.jp/news/126/ 
  2. ^ うち必修4単位、選択必修14単位を含む。
  3. ^ “知的財産研究科について(知的財産研究科の概要)”. http://nihon-u-gs.jp/property/about/ 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度41分59.3秒 東経139度45分15.6秒 / 北緯35.699806度 東経139.754333度 / 35.699806; 139.754333