ガリレオ (探査機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガリレオ Galileo
(オービター)
Artwork Galileo-Io-Jupiter.JPG
ガリレオ探査機
所属 アメリカ航空宇宙局(NASA)
公式ページ Galileo Project Home
国際標識番号 1989-084B
カタログ番号 20298
状態 運用終了
目的 木星の探査
観測対象 木星
打上げ機 スペースシャトルアトランティス (STS-34)
打上げ日時 1989年10月18日
18時23分 (EDT)
軌道投入日 1995年12月7日
消滅日時 2003年9月21日
物理的特長
質量 2,564kg
(オービター、プローブ合計)
発生電力 原子力電池
ガリレオ Galileo
(プローブ)
Descent Module.jpeg
ガリレオ探査機
所属 アメリカ航空宇宙局(NASA)
公式ページ Galileo Project Home
国際標識番号 1989-084E
カタログ番号 20298
状態 運用終了
目的 木星大気の観測
観測対象 木星
軌道投入日 1995年12月7日
通信途絶日 1995年12月7日
物理的特長
質量 335kg
発生電力 リチウム電池 580W
打ち上げへ向けて準備中のガリレオ。
ガリレオが撮影したガリレオ衛星(左からイオエウロパガニメデカリスト

ガリレオ (Galileo) は、木星とその衛星を探査するためにアメリカ航空宇宙局 (NASA) が打ち上げた宇宙探査機。この名はガリレオ・ガリレイにちなむ。

構造[編集]

ガリレオはオービター(軌道周回観測機)とプローブ(大気圏突入観測機)で構成されていた。

オービターは800×800画素のCCDカメラや各種の計測機器を搭載し、また地球との通信用に大小2基、プローブとの通信中継用に1基のアンテナを装備していた。このうち主アンテナが木星へ向かう途中で故障し、地球との通信には小型のアンテナが用いられた。これは主アンテナより低速でしか交信できないため、探査機のプログラムを遠隔操作で書き換え、観測データを圧縮して送信させるようにするなどの対策がとられた。

電源として、プルトニウムの自然崩壊熱を熱電対で電気に変える原子力電池を搭載していた。

飛行過程[編集]

ガリレオは当初は、1986年5月にスペースシャトルで打ち上げられ、セントールによって木星へ直行する軌道に乗る予定であったが、チャレンジャー号爆発事故によって打ち上げは延期された。また、液体燃料を使用するセントールをスペースシャトルに搭載する計画は液体燃料が危険との判断から変更された。液体燃料ロケットであるセントールよりも比較的安全だとされる固体ロケットのIUSを用い、直接木星へ向かう代わりに一旦逆の金星に向かい、金星、地球、地球とスイングバイを行って増速する方法を用いて木星に向かった。この方法は VEEGA (Venus Earth Earth Gravity Assist) と呼ばれる。また金星周辺を通ることとなったため、強烈な太陽光線からの保護を目的として、全体が「日よけ」で覆われた構造となった。

  • 1989年10月18日、ガリレオはアトランティス (STS-34) によって打ち上げられた。一旦低軌道までスペースシャトルで上がった後、ペイロードベイから探査機を放出した。オービタが充分に安全な距離をとって離れたあと、探査機を載せたIUSに点火、地球周回軌道を離れて最終的に木星へと至る旅に出発した。
  • 1990年2月10日、金星スイングバイ。
  • 1990年12月8日、1回目の地球スイングバイ。
  • 1991年4月11日、高利得アンテナの展開に失敗。アートワークとは違い、実際は写真のようにパラボラアンテナを閉じた状態のまま、別の小型アンテナで通信する事になった。
  • 1991年10月29日小惑星ガスプラに接近観測。
  • 1992年12月8日、2回目の地球スイングバイ。
  • 1993年8月28日、小惑星イダに接近観測。
  • 1994年7月21日シューメーカー・レヴィ第9彗星の木星衝突を観測。
  • 1995年7月13日プローブを切り離し。
  • 1995年12月7日、プローブが木星大気圏に突入し、57分後に通信途絶するまでデータを送り続けた。また同日、オービターも木星の周回軌道に入り、それから7年余りに渡って木星や各ガリレオ衛星アマルテアなどへの接近観測を繰り返す。
  • 2000年12月、土星探査機カッシーニが木星スイングバイを行う際に木星の磁気圏を共同観測する「ジョイント・ミッション」を行う。
  • 2003年9月21日、当初の予定よりはるかに長期間のミッションを終えたガリレオは木星大気圏に突入させられた。これは姿勢制御用燃料の尽きたガリレオが衛星のどれか、特に生物が存在する可能性があると考えられているエウロパに落下した場合、探査機に付着している地球の微生物が衛星の環境を汚染してしまう恐れがあったからである。


プラネタリウム作品[編集]

  • 「はるかなる木星へ -AROUND JUPITER-」(エクスプローラーズジャパン(株)/横浜モバイルプラネタリウム合作)
    • ガリレオ・ガリレイによる木星観測、パイオニア、ボイジャーによる直接探査、そしてガリレオ探査機の旅立ちから本体木星突入までをCGと実際の画像を交え映像化した作品。全天周デジタルバージョンとスライド+VTRバージョンの2通り。ナレーションは野島裕史。音楽は蒲池愛。2009年5月から8月まで宮城県大崎市の、同9月から12月まで東京都府中市のプラネタリウムで上映。

備考[編集]

SF作家アーサー・C・クラークは『2061年宇宙の旅』の前書きにおいて、当初はガリレオの探査を待ってその観測結果を作品に採り入れるつもりだったが、チャレンジャー号の事故により大幅にスケジュールが遅れる見込みになったために「待たない事に決めた」と記述している。