アポロ16号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アポロ16号
徽章
Apollo-16-LOGO.png
ミッションの情報[1]
ミッション名 アポロ16号
司令船 CM-113
コールサイン:Casper
質量:30,395 kg
機械船 SM-113
月着陸船 LM-11
コールサイン:Orion
質量:16,445 kg
乗員数 3名
打上げ機 サターンV SA-511
発射台 ケネディ宇宙センター第39複合発射施設
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州
ケネディ宇宙センター
打上げ日時 1972年4月16日
17:54:00 UTC
月面着陸 1972年4月21日   02:23:35 UTC
デカルト高地
南緯8度58分22.84秒 東経15度30分0.68秒 / 南緯8.9730111度 東経15.5001889度 / -8.9730111; 15.5001889
IAUが定める月の座標)
月面船外活動時間 1回目: 7時間11分02秒
2回目: 7時間23分09秒
3回目: 5時間40分03秒
合計: 20時間14分14秒
月面滞在期間 71時間02分13秒
月面車 LRV-2
司令船活動時間 1時間23分42秒
採取試料 95.71 kg (211 lb)
月周回時間 125時間49分32秒59
着陸または着水日時 1972年4月27日
19:45:05 UTC
南緯0度43分 西経156度13分 / 南緯0.717度 西経156.217度 / -0.717; -156.217 (Apollo 16 splashdown)
ミッション期間 11日01時間51分05秒
乗員写真
Apollo 16 crew.jpg
左から:ケン・マッティングリージョン・ヤングチャールズ・デューク
年表
前回 次回
Apollo 15-insignia.png アポロ15号 Apollo 17-insignia.png アポロ17号

アポロ16号(あぽろ16ごう、Apollo 16)はアポロ計画における第10番目の有人飛行ミッション、第5番目の月着陸ミッションである。

乗員[編集]

予備乗員[編集]

支援乗員[編集]

ミッション内容[編集]

  • 質量:
    • 打上げ時質量: 2,921,005 kg
    • 司令機械船: 30,354 kg(司令船: 5,840 kg、機械船: 24,514 kg)
    • 月着陸船: 16,444 kg(月面降下時: 16,666 kg、再上昇時: 4,966 kg)
  • 地球軌道: 往路3周、復路約1周
  • 月軌道

月着陸船ドッキング[編集]

船外活動[編集]

EVA 1[編集]

  • ヤング、デューク
  • 開始時刻: 1972年4月21日16時47分28秒 (UTC)
  • 終了時刻: 1972年4月21日23時58分40秒 (UTC)
  • 活動時間: 7時間11分02秒

EVA 2[編集]

  • ヤング、デューク
  • 開始時刻: 1972年4月22日16時33分35秒 (UTC)
  • 終了時刻: 1972年4月22日23時56分44秒 (UTC)
  • 活動時間: 7時間23分09秒

EVA 3[編集]

  • ヤング、デューク
  • 開始時刻: 1972年4月23日15時25分28秒 (UTC)
  • 終了時刻: 1972年4月23日21時05分31秒 (UTC)
  • 活動時間: 5時間40分03秒

EVA 4[編集]

  • マッティングリー(地球帰還軌道上)
  • 開始時刻: 1972年4月25日20時33分46秒 (UTC)
  • 終了時刻: 1972年4月25日21時57分28秒 (UTC)
  • 活動時間: 1時間23分42秒

着水地点は南緯0度43分、西経156度13分、クリスマス島の南東350km。回収船 USS タイコンデロガの待機地点から5kmの地点であった。

概要[編集]

地球帰還軌道上で船外活動を行なうケン・マッティングリー。司令機械船のカメラからフィルムを回収している。ジョン・ヤング船長の赤い線の入ったヘルメットを装着している

アポロ16号の乗員はジョン・ヤング船長、司令船操縦士のケン・マッティングリー、月着陸船操縦士のチャールズ・デュークであった。アポロ16号は月面車を使用するJクラスミッションだった。アポロ16号は月面の標本を94.7kg持ち帰った。16号では3回の月面船外活動をそれぞれ7.2時間、7.4時間、5.7時間に渡って行い、地球帰還軌道上でも1.4時間の船外活動を行なった。これは地球周回軌道よりも遠い軌道で行なわれた船外活動としては2回目で、外部カメラからフィルムを回収し、また微生物の生存実験を行なうために実施された。

アポロ16号では、月周回軌道上の司令機械船から子衛星が放出された。この子衛星では磁場や太陽風粒子に関する実験が行なわれた。この子衛星は1972年4月24日21時56分09秒 (UTC) に放出され、34日間に渡り月軌道を425周した。子衛星の質量は36.3kgで、円筒形の中央部と1.5mの腕を3本持つ構造を持っていた。

ミッションのハイライト[編集]

星条旗に敬礼しながらジャンプするジョン・ヤング
月面車のそばに立つチャールズ・デューク

アポロ16号では、月軌道上で司令機械船キャスパーの主推進系のヨー方向のジンバルのサーボ・ループに異常が発生した。この不調のために、司令機械船の軌道修正の際にエンジン噴射が正常に行なえない懸念が生じ、月着陸も中止される恐れがあった。しかし最終的にはこの不調によるリスクは比較的小さいと判断され、問題発生時に既に司令機械船から切り離された月着陸船オライオンで飛行していたヤングとデュークに月着陸が許可された。ただしミッションは安全のために1日短縮された(月着陸船が月面を離れてから司令機械船と再ドッキングするまで司令機械船が月を周回する時間を減らした)。

ヤングとデュークはデカルト高地を3日間にわたって探査し、その間マッティングリーはキャスパーで月軌道を周回した。月面の飛行士たちは、火山活動に起因すると考えられていた着陸地点付近の地域が実際には隕石衝突で作られた岩石(角礫岩)で占められていることを発見した。彼らが収集し持ち帰った標本の中には、アポロ計画で得られた岩石の中で最大となる11kgの石(Big Muley というニックネームで呼ばれる)も含まれている。アポロ16号の飛行士は月面車の性能テストも行なった。このテストでは時速18kmの最高速度に達し、月面での車輪を持つ乗り物が出した最高速度記録としてギネスブックに記録されている。

遺品[編集]

アメリカ宇宙ロケットセンターに展示されているアポロ16号司令船

アポロ16号の司令船は現在、アラバマ州ハンツビルにあるアメリカ宇宙ロケットセンター (U.S. Space & Rocket Center) に展示されている。月着陸船の上昇段は1972年4月24日に切り離されたが、その後姿勢制御機能を失って制御不能となり、約1年にわたって月軌道を周回していた。その後の月面への衝突地点は不明である。

動画[編集]

月面車を操縦するアポロ16号の飛行士

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Richard W. Orloff. “Apollo by the Numbers: A Statistical Reference (SP-4029)”. NASA. 2009年12月3日閲覧。

外部リンク[編集]