生命維持装置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

生命維持装置(せいめいいじそうち)とは、生体の生命を維持するための装置である。

医学における生命維持装置[編集]

生体の生命を維持する機能が低下あるいは停止した場合、その機能の代わりを行う装置。主に呼吸循環代謝の3種の機能を補助するものがある。

の状態悪化などにより、呼吸機能が低下したり果たせなくなった場合は人工呼吸器、手術で心臓を止める必要がある場合や心臓やの機能が低下した場合は人工心臓・人工心肺装置腎臓肝臓の機能が悪くなり、代謝機能が低下した場合は人工透析など、様々な種類がある。

宇宙工学における生命維持装置[編集]

宇宙船宇宙服の内部を、生物が生存可能な状態に保つための装置。酸素の供給と二酸化炭素の除去、一定の温度湿度を保つといった機能を果たすための装置や通信機、それらの電源となる装置などからなるシステムの総称である。

関連項目[編集]