アポロ9号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Apollo 9
徽章
Apollo-9-patch.png
ミッションの情報
ミッション名 Apollo 9
司令船 CM-104
機械船 SM-104
月着陸船 LM-3
質量 司令機械船 26,801 kg;
月着陸船 14,575 kg
乗員数 3
コールサイン 司令機械船: ガムドロップ
月着陸船: スパイダー
打上げ機 Saturn V SA-504
発射台 フロリダ州ケネディー宇宙センター
39A発射台
打上げ日時 1969年3月3日
16:00:00 UTC
着陸または着水日時 1969年3月13日
17:00:54 UTC
北緯23度15分 西経67度56分 / 北緯23.250度 西経67.933度 / 23.250; -67.933
ミッション期間 10日1時間0分54秒
乗員写真
Apollo9 Prime Crew.jpg
左から:マクディビット、スコット、シュワイカート
年表
前回 次回
アポロ8号 アポロ10号

アポロ9号(あぽろ9ごう、Apollo 9)は、アポロ計画での3回目の有人ミッションである。1969年3月3日に打ち上げられ、地球軌道を10日間飛行した。サターンV 型ロケットで打ち上げられた2回目の有人飛行で、月着陸船 (LM) の最初の有人飛行である。

乗員[編集]

* 括弧内の数字は、それぞれが何回目の宇宙飛行であるか(このミッションを含む)を示している。

予備乗員[編集]

  • 予備乗員の月着陸船操縦士は元々クリフトン・ウィリアムズであった。1967年10月5日に彼がT-38タロンで墜落死したため、代わりにアラン・ビーンが加わった。後に予備乗員がアポロ12号に搭乗した時、ミッション・パッチには彼を追悼する4つ目の星が加えられた。

支援乗員[編集]

飛行主任[編集]

  • ジーン・クランツ、ホワイトチーム
  • ジェラルド・グリフィン、ゴールドチーム
  • ピート・フランク、オレンジチーム

ミッション・パラメータ[編集]

月着陸船と司令機械船のドッキング[編集]

船外活動[編集]

  • シュワイカート - EVA - 月着陸船前部ハッチ

関連項目[編集]

ミッションの背景[編集]

1967年10月時点の計画では、アポロ7号(Cミッション)で司令・機械船 (CSM) の初の有人軌道飛行を行った後に、2回目の有人アポロミッション(Dミッション)で有人のCSMをサターンIBロケットで打ち上げ、数日後に月着陸船 (LM) をもう1基のサターンIBロケットで打ち上げて、初の軌道ランデブーを行う予定であった。このミッションはマクディビットとスコットとシュワイカートが担当し、これとよく似た地球軌道テスト(Eミッション)はフランク・ボーマンジム・ラヴェルウィリアム・アンダースが担当してサターンVロケットで CSM と LM の両方を打ち上げる予定であった。

しかし、LMの製造上の問題から、Dミッションは1969年の春以降にならないと行えなくなり、NASAの職員はCミッションとDミッションの間に、CSMのみ(LMなし)で初の月への有人飛行を行う「C-Prime」ミッションを追加した。このミッションはアポロ8号となり、ボーマンとラヴェルとアンダースが担当することとなる。順序としてはマクディビットの番だったが、LMに習熟していたため「C-Prime」ミッションから外されたのだと彼は主張している。しかし仮に打診されたとしても、LMを飛ばしたいので彼は断っただろう。元のEミッションは、それ以降に延期された。アポロ9号はアポロ宇宙船全体として唯一の地球軌道テストで、2基のサターンIBロケットの代わりに1基のサターンVロケットで打ち上げられた。アポロ8号と9号の乗員の順序が入れ替わったことから、後々にも影響が残った。予備乗員も入れ替えられ、最初の有人着陸ミッションはピート・コンラッドのチームの代わりに、ニール・アームストロングのチーム(ボーマンとラヴェルとアンダースの予備乗員であった)の順番になった。

ミッションのハイライト[編集]

アポロ9号は初めて宇宙で行われたアポロ宇宙船全体のテストであり、宇宙船を構成する3つ目の重要な部分である「月着陸船」のテストも含まれていた。10日間かけて、地球軌道上で3台の宇宙船を操作し、月軌道上で行うのと同じように司令船と月着陸船を切り離して再ドッキングさせた。アポロ宇宙船による軌道上でのランデブーとドッキングが可能であることが、アポロ9号で証明された。

このミッション以降のアポロの飛行では、乗員はその宇宙船に名前を付けてもよいことになった(最後に名前を付けられたのはジェミニ3号であった)。細長い月着陸船は「スパイダー(クモ)」と名付けられ、セロファンに包まれて KSC へ届けられた司令船は「ガムドロップ(飴玉)」と名付けられた。

シュワイカートが撮影したスコットのEVA

シュワイカートとスコットによる EVA が行われた。シュワイカートは新しいアポロ宇宙服(命綱で宇宙船へ接続するのではなく宇宙服自体に生命維持装置を持っている)をチェックし、スコットは司令船のハッチから彼を撮影した。シュワイカートは宇宙服をテストするためにより大規模な活動を行って、緊急時には月着陸船から司令船まで宇宙飛行士が EVA できることを証明することになっていた。しかし、彼が宇宙酔いに苦しんでいたため、月着陸船のハッチからポーチに出るだけに制限された。

マクディビットとシュワイカートは、地球軌道でのLMのテスト飛行と切り離しとドッキングを行った。初めに下降ステージのエンジンを使って「ガムドロップ」から111マイルまでLMを飛ばし、その後下降ステージを放棄して上昇ステージで戻った。

着水点は、バハマから東に180マイル(290km)の北緯23度15分、西経67度56分の北大西洋上であり、回収のために待機していたアメリカ海軍強襲揚陸艦ガダルカナル(LPH-7)からも見えるほど近い位置に降下した。

サンディエゴ航空宇宙博物館に展示されているアポロ9号司令船

司令船は、ミシガン州ジャクソンにあるミシガン宇宙科学センターに展示されていたが、2004年4月に同センターが閉鎖され、2004年5月にサンディエゴ航空宇宙博物館 (en) に移された。LM上昇ステージは1981年10月23日に軌道減衰し、LM下降ステージ(1969-018D)は1969年3月22日に軌道減衰した。月着陸船を取り出した後、S-IVBステージ(サターンVの3段目)のJ-2エンジンが再点火され、燃え尽きるまで噴射して太陽軌道に乗せられた。

乗員は、1969年3月8日に "Happy Birthday" を歌った。

ミッション徽章[編集]

徽章パッチ

円形のパッチには、USAの文字が書かれたサターンVロケットの図が描かれている。その右にはCSMとLMがあり、CSMの先端はドッキングポートではなくLMの「前部ドア」を向いている。CSMからのロケット炎が環状にたなびいている。円の上端沿いには乗員の名前があり、下にはAPOLLO IXと書かれている。マクディビット (McDivitt) の名前の「D」の文字は赤く塗り潰されていて、このミッションが月着陸前に行われるアルファベット順の「Dミッション」であることを表している。

参照[編集]

外部リンク[編集]