マイケル・コリンズ (宇宙飛行士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイケル・コリンズ
Michael Collins
Michael Collins (S69-31742).jpg
Michael Collins Signature.svg
NASA所属宇宙飛行士
現況 引退
生誕 (1930-10-31) 1930年10月31日(88歳)
イタリアの旗 イタリアローマ
他の職業 テストパイロット
階級 アメリカ空軍准将
宇宙滞在期間 11日2時間4分
選抜試験 1963年NASA選抜試験
ミッション ジェミニ10号
アポロ11号
記章 Gemini 10 mission patch original.png Apollo 11 insignia.png

マイケル・コリンズ(Michael Collins, 1930年10月31日 - )は、アメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士、空軍軍人。ジェミニ10号アポロ11号に搭乗した。

人物・来歴[編集]

イタリアローマで、米国陸軍軍人の息子として生まれる。米国陸軍士官学校を、1952年に卒業、空軍に入隊。この時期の空軍は士官学校が創設期にあたるため、陸海からも人材が集められていた。

その後、T-6テキサンを皮切りに飛行訓練を重ね、F-86戦闘機の操縦士となった。1960年にはエドワーズ空軍基地に置かれたテストパイロット学校を修了している。1962年ジョン・ハーシェル・グレンの宇宙飛行に影響を受けて宇宙飛行士を志願し、選ばれる。ジェミニ計画に参加し、ジェミニ7号では予備搭乗員に選定されている。1966年7月にはジェミニ10号にパイロットとして搭乗し、初の宇宙飛行を経験した。

1969年、歴史上初めて人類を月面に到達させたアポロ11号では司令船パイロットを務めた。コリンズはニール・アームストロングエドウィン・オルドリンが着陸船で月面に降下している間、月周回軌道上で司令船の操縦、月面の写真撮影などを行った。そのため、コリンズ自身は月面に到達していない。

空軍准将で退役。1978年スミソニアン研究所の副所長になった。1969年に訪日した際、日本政府より文化勲章を贈られた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]