ドン・エイゼル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドン・フルトン・エイゼル
NASA所属宇宙飛行士
国籍 アメリカ合衆国
現況 死去
誕生 1930年6月23日
コロンバス (オハイオ州),
アメリカ合衆国
死没 1987年12月2日(1987-12-02)(57歳)
東京, 日本
他の職業 パイロット
階級 大佐, アメリカ空軍
宇宙滞在期間 10日20時間08分
選抜試験 1963 NASA Group
ミッション アポロ7号
記章 AP7lucky7.png

ドン・エイゼル (Donn Fulton Eisele、1930年6月23日 - 1987年12月2日) はアメリカ空軍のテストパイロット、アメリカ航空宇宙局の宇宙飛行士である。1968年のアポロ7号でコマンドモジュールのパイロットを務めた。NASAと空軍を引退後は、アメリカ合衆国平和部隊タイ王国方面の司令官として活躍し、その後事業を興した。

教育[編集]

エイゼルはオハイオ州コロンバスで生まれ、1948年にウェスト高校を卒業した。1952年に海軍兵学校を卒業し、1960年にライト・パターソン空軍基地空軍工科大学宇宙航行学の修士号を取得した。

組織[編集]

エイゼルは友愛組織タウ・ベータ・パイの会員であり、またコロンバスのターナー・ロッジ#732に属するフリーメイソンである。

受賞など[編集]

エイゼルはボーイスカウトでイーグルスカウトであった。 NASA Exceptional Service Medal、Air Force Senior Pilot Astronaut Wings、Distinguished Flying Cross等、NASAや空軍で多くの賞を受賞している。 また、1969年に米国航空宇宙学会でHaley Astronautics Awardを共同受賞し、また同年、National Academy of Television Arts and Sciences Special Trustees Awardも受賞している。

空軍と宇宙飛行士[編集]

エイゼルは海軍兵学校を卒業したが、アメリカ空軍への就役を選んだ。空軍士官学校は未だ建設中であったため、エイゼルは海軍兵学校、陸軍士官学校合衆国商船大学を卒業した。(宇宙飛行士の同僚のエドウィン・オルドリンマイケル・コリンズエドワード・ホワイトは陸軍士官学校で空軍の資格を取得した。)エイゼルはニューメキシコ州カートランド空軍基地空軍特殊兵器センターで技術者、テストパイロットとして働いた。4200時間の飛行を記録し、そのうち3600時間はジェット機であった。

NASA[編集]

エイゼルは、1963年10月にNASAの第3期の宇宙飛行士に選出された。

アポロ7号の乗組員:エイゼル(左)、シラー(中央)、カニンガム(右)

1968年10月11日、エイゼルは第3期の宇宙飛行士にとって初めての宇宙飛行となるアポロ7号のコマンドモジュールパイロットに選ばれた。機長のウォルター・シラー、月モジュールパイロットのウォルター・カニンガムとともにエイゼルはサターンIBロケットと月モジュールをランデブーさせた。彼らは8つの試験を成功させ、サービスモジュールの推進エンジンを手動で着火した。彼らはまた宇宙船の全システムの精度を測定し、機上で初めて効率的なテレビの放送も行った。

アポロ7号は、遠点284.3km、近点227.1kmの地球軌道上を飛行した。260時間、725万kmの飛行は、1968年10月22日に大西洋上の空母エセックスから15kmの地点に着陸して終わった。これは予定された地点からわずか0.6kmの誤差であった。エイゼルは宇宙で260時間を過ごした。

エイゼルはまた、1969年のアポロ10号でコマンドモジュールパイロットのバックアップを務めた。エイゼルは1970年に宇宙飛行士室を辞し、NASAのラングレー研究所で有人宇宙飛行のテクニカルアシスタントになった。1972年にはNASAと空軍の両方から退職した。

NASA以降のキャリア[編集]

1972年7月、エイゼルはアメリカ合衆国平和部隊のタイの司令官となった。2年後、タイから戻ると、en:Dresser Industries社の一部門であるMarion Power Shovel Companyのセールスマネージャーとなった。エイゼルはその後、投資会社Oppenheimer & Companyで個人口座、法人口座を扱った。

エイゼルは東京への出張中、心筋梗塞によって57歳で死去した。彼には妻のスーザンと2人の子供、前妻との間の4人の子供がいた。

エイゼルは日本で葬られ、遺灰はアーリントン国立墓地に埋葬された。

記念[編集]

家族公認のエイゼルの伝記が2007年の本In the Shadow of the Moonに描かれた。

1998年のテレビシリーズ『フロム・ジ・アース/人類、月に立つ』では、ジョン・メーゼがエイゼルの役を演じた。

スーザン・エリーゼ・ブラックは、2007年10月23日に夫の代理で月の石のサンプルをBroward County Main Libraryに寄贈した。フロリダ州フォートローダーデールにある同図書館は、本物の月の石を保有する全米で唯一の図書館となった。月の石は科学館や学校で展示されているhttp://www.broward.org/library/pdfs/newsrlse_moonrock100907.pdf。

2008年、NASAは彼のアポロ7号のミッションへの貢献に対して、NASA Distinguished Service Medalを贈った[1]

出典[編集]

  1. ^ First Apollo flight crew last to be honored”. collectSPACE. 2008年10月20日閲覧。

外部リンク[編集]