宇宙酔い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宇宙酔い(うちゅうよい)とは、宇宙飛行士宇宙空間の無重力状態において約半数の確率で引き起こす身体症状。

めまい嘔吐、食欲減退など、症状乗り物酔いに似ているが、酔い止め薬の効果はない。人が無重力空間に放り出された時から数時間の内に起こり、その状態が数日(3~5日程度)続く。1週間もするとほとんど元通りになり、その後再発することはない。

初めて宇宙酔いになった人間はボストーク2号の乗員ゲルマン・チトフで、このためこの症例を「宇宙病」「宇宙酔い」のほかに彼の名前から「チトフ病」とも呼ばれており、1960年代後半頃までは彼以外宇宙酔いになったものがいなかったため、彼の体質によるものとされていた[1]

乗り物酔いしたことがない人でも宇宙酔いを起こした研究結果もあり、乗り物酔いをしやすいか否かと宇宙酔いをしやすいか否かは関係がないと言われている。また毛利衛宇宙飛行士が宇宙でを使った動物実験でも、嘔吐する際のような奇妙な行動を見せたことにより、動物も宇宙酔いを起こすことが分かっている(参考:[1])。他にも、1994年に向井千秋スペースシャトルコロンビア号金魚の宇宙酔い実験を行なっている。

原因は未解明な部分が多いが、無重力状態で内耳三半規管バランス感覚を取れなくなるためとの仮説がある。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小尾信彌代表『原色現代科学大事典 1―宇宙』、株式会社学習研究社、昭和44年再版、P452。
    なお、本文中では宇宙船名は「ウォストーク2号」表記。

関連項目[編集]