宇宙建築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NASAが計画する火星基地
ISSに取りつけられ膨張するBEAM

宇宙建築(うちゅうけんちく、: space architecture)とは地球圏外に存在し、人間が暮らすために設計・建設される構造物、あるいはその理論のこと[1]

概要[編集]

具体的な例は実現しているものとして国際宇宙ステーション(ISS)があり、構想段階のものでは月面基地や火星基地、宇宙工場などが存在する。そのため、宇宙建築を考えるうえで建築学宇宙工学はもちろん、工学全般や心理学社会学などの知識が必要になってくる。

3Dプリンターを使用して建設する計画が進められる[2]ビゲロー・エアロスペースでは柔軟な素材を用いた膨張式の装置の開発を進める。ミウラ折りが役立つ。

宇宙建築にかかわるコンペティション[編集]

宇宙建築賞:2014年より宇宙建築賞が開催される[3][4]

種類[編集]

展開式や現地の材料を使用して建設する方法が検討される。小惑星を利用する方法も検討される。

・ドッキング構法

複数のモジュールを繋ぎ合わすことによって、構成されるもの。

例:ISSなど

・インフレータブル構法

空気やガスなどによって膨らませ、内部に空間を作ることで構成されるもの。

例:ビゲロー・エアロスペース 「BEAM」など

・展開構造物を利用した構法

折り紙などの技術を用いて、構成されるもの。

例:ミウラ折り、ソガメ折りなど

・現地の材料を利用した構法

ルナコンクリートなど、現地の材料を用いることで構成されるもの。

例:3Dプリンター、石を積み重ねるなど

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]