向井千秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
向井千秋
宇宙飛行士
国籍 日本
誕生 1952年5月6日(63歳)
群馬県館林市
他の職業 東京理科大学副学長
宇宙滞在期間 23日15時間39分
選抜試験 1985 NASDA Group
ミッション STS-65STS-95
記章 Sts-65-patch.png Sts-95-patch.png
STS-95クルー(NASA提供、写真中央が向井)

向井 千秋(むかい ちあき、旧姓:内藤1952年(昭和27年)5月6日 - )は、日本人女性初の宇宙飛行士医学博士慶応義塾大学、1988年)[1]。現在は東京理科大学副学長[2]、1994年にスペースシャトルコロンビア号、1998年にスペースシャトル・ディスカバリー号に搭乗した。

国際宇宙大学客員教授宇宙航空研究開発機構特任参与、宇宙医学研究センター長、日本学術会議副会長なども歴任。 群馬県館林市出身で、実弟は釣り師のヒロ内藤。慶應義塾大学医学部を卒業し、夫は医師で慶應義塾大学准教授向井万起男

来歴・人物[編集]

群馬の館林北小から館林市立一中へ進み、この頃医師を志すようになる。そのため、学校群制度が施行されて間もなかったとはいえ、東大に多くの合格者を送っていた都立日比谷高校から医学部進学を希望して、親に頼み自ら中学2年次に上京し、品川の荏原二中に転校した。高校受験では、日比谷高、雙葉高慶應女子高に合格し、日比谷に進学しようとしたところ、当時学園紛争の嵐が吹き荒れていた日比谷の状況を母親・ミツが心配して、ミツが慶應女子高を選択した[3]

慶應女子高校時代は、医学部進学を目指して、7人もの家庭教師をつけたという“伝説”が生まれたほど頑張っていたが、医学部の附属女子3人枠に入れず、一般受験で慶應義塾大学医学部入学、練習のハードさでいわくつきだった当時の医学部スキー部に入部し、大学5年次には東日本医学部スキー大会の回転で優勝、大回転では3位に入賞した[4][5]外科医となってからは、慶應義塾大学病院では、慶應義塾大学出身者としては女性外科医第一号にあたる(同病院には、他大学出身の女性外科医は既にいた)。

外科医をしていた1981年に、解離性大動脈瘤で入院した石原裕次郎担当医の一人を務めている。この時の白衣がカンフーの道着に似ていたため、裕次郎から「カンフー姉ちゃん」とあだ名をつけられている。

1985年8月10日、宇宙飛行士3人の発表があった。宇宙飛行士は、操縦担当のパイロット(PLT、操縦手)、船外活動のできるミッションスペシャリスト(MS、搭乗運用技術者)、実験担当のペイロードスペシャリスト(PS、搭乗科学技術者)に分けられるが、向井も含めた外国人搭乗員はPS要員にあたる。当時、操縦手やMSは機密技術の点で外国人に触れさせないNASAの方針からであった[6]

1994年7月8日 - 23日スペースシャトルコロンビア号でのミッション (STS-65) に、ペイロードスペシャリストとして参加。金魚宇宙酔い実験もした。この時の宇宙滞在時間は14日17時間55分で、女性の宇宙最長滞在記録を更新した(この記録は翌年のSTS-67で破られた)。

1998年10月29日 - 11月7日、スペースシャトル・ディスカバリー号でのミッション (STS-95) で2度目の宇宙飛行。飛行中に「宙がえり 何度もできる 無重力」という短歌の上の句を詠み、これに続く下の句を募集し話題となった。宇宙開発事業団(現JAXA)によれば、14万5千首の応募があったという。

趣味は、スキューバダイビングテニスゴルフアメリカ文学旅行スキーアルペンスキーバス釣り写真

略歴[編集]

受賞歴[編集]

演じた女優[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 授与内閣村山富市内閣。受賞理由は「日本人初の女性宇宙飛行士」。

出典[編集]

  1. ^ a b 向井千秋 『大動脈用一時的バイパスチューブの抗血栓性および血行動態に関する研究』 慶應義塾大学〈博士論文(乙第1931号)〉、1988年7月。
  2. ^ http://www.tus.ac.jp/today/2015/03/20150317-01.html
  3. ^ 読売新聞社 1994, p. 62-63.
  4. ^ 読売新聞社 1994, p. 73.
  5. ^ 読売新聞社 1994, p. 76.
  6. ^ 読売新聞社 1994, p. 114.

外部リンク[編集]